夫婦が本当は離婚したいのに、離婚しない理由 8選

夫婦が本当は離婚したいのに、離婚しない理由 8選

1,189 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
最初は恋人同士として愛し合っていたとしも、いざ夫婦となって生活していくと互いにすれ違いが生まれてくるもの。その溝が深まると最悪離婚に至ることもありますが、夫婦の中には理由があり離婚しない、できないと悩む方も多いのだとか。そんな離婚しない理由をまとめてみました。


夫婦が離婚しない理由その1:子どもの養育
夫婦が離婚しない理由その1:子どもの養育

子どもがいる夫婦としては、やはり離婚したいほど互いの仲が悪くても、子どものことを考えるとなかなか踏み出せないという方が多いですね。子どもとしても父親か母親のどちらかが欠けても悲しい思いを永遠と引きずる可能性もありえますし、そういったことを考えるとどうしても罪悪感を感じてしまい、離婚の話すら持ち出せないことも。

何より現実問題として子どもの養育費に関しても問題が出てきます。離婚を考えると、そういった子どもや経済力の面でも問題が浮上し、やはり前に踏み出せないまま、ギクシャクした生活を送らなければいけません。

ただ、離婚を考えてしまうほど不仲の両親の間で育つ子どもも可哀想ではないでしょうか。子どもはやはり仲の良い両親と幸せに暮らしたいはずです。ギクシャクした関係は、子どもの目線から見ても感じ取れるものです。一番身近にいる人たちが、いつも喧嘩していたら、それを見てる子どもも辛いでしょう。そう考えると、一番良いのは互いの夫婦仲を改善できるよう必死にになること。それがどうしてもできないのなら、一度専門家などに離婚のことを相談してみるべきです。


夫婦が離婚しない理由その2:世間体を気にする


夫婦が離婚しない理由その2:世間体を気にする

離婚しようと考えるだけなら2人だけで済む話ですが、いざ実行に移すとなると、周囲への影響が出ることも考慮しないといけません。例えば、親族同士のつながりが深いと両親が必死で離婚を止めてきたり、職場であれば、表立って言われなくても社内評価に響くこともありえます。今の世の中、昔ほど離婚する人は少なくないですし、離婚に対する目線が和らいできてはいますが、やはり気にする人は気にします。

中にはどうしても離婚に対して理解できないという人ももいるでしょう。そうしたことを考えると、世間的な目を意識してしまい、離婚をしないという夫婦も多いです。ただ離婚するほど仲が悪い関係を保ち続けるのも、精神的にキツイはずです。その場合は、迷わず信頼における人や専門家に相談し、現状の悩みを聞いてもらいましょう。


夫婦が離婚しない理由その3:エネルギーがない


離婚することを考えるのは正直なところ簡単です。しかし、実際にその手続きをとったり、周囲に対しての説明や言い訳を考えたりするのも、想像以上にエネルギーを使うものです。ただでさえ夫婦仲が悪くて常に精神的に参ってる中、疲弊した状態でエネルギーを消費するような行動に抵抗を感じてしまうと、離婚したくてもなかなかできないでしょう。

また離婚した後のこと(職探しに引っ越し、保険の手続きなどなど)も考えるとやらなければいけないことは山ほどあることが分かります。こういった点を押し切ってでも離婚を決意する勇気があるのなら実行するべきでしょうが、エネルギーに余裕がないと感じるなら、まずは夫婦仲をどう改善していくか真剣に検討したほうがいいでしょう。


夫婦が離婚しない理由その4:相手への情がある


離婚したいと考えるほど仲が悪くなってしまったとはいえ、それでも長年連れ添ってきた関係性であることに変わりません。一緒に共有した時間の中で、どんなに嫌いな人とでも情が生まれるのは自然なことです。ただこの情が深いほど、いざ離婚しようと考えてもそれが壁になって、結局離婚しないという流れになることもあります。

一度湧いた情を振り切るのは正直なところ難しいでしょう。例えどんなに相手からひどいことをされたとしても、情を感じて許してしまう女性もいますし。とはいえ、離婚したいという気持ちもあるのなら、情を断ち切る勇気を持つことも必要になってきます。というか、まずは情を断ち切らなければ話が進まないでしょう。


夫婦が離婚しない理由その5:自信がない


自信がないことで悩むのは女性でしょう。離婚するということは、それ以降は自分自身でお金を稼がなくてはいけません。つまり働き手である旦那と縁を切るきることになるのですから、自分も生きていくために再就職しなければならないのです。女性の場合、結婚後は会社を辞めて主婦に専念する方も少なくなく、仮に社会復帰するにしても多少時間がかかることが予想されます。

そう考えると、結婚後の自分の生活にだんだん自信がなくなってしまい、離婚したくても離婚しないということも。何かしらのスキルがあり、すぐにでも職につけることができたらそれにこしたことはありませんが、今後食べていくだけのお金を稼げるのか、また自立といった面からみても不安要素が多く女性にとっては難しい問題となっています。


夫婦が離婚しない理由その6:義理の両親の介護


義理の両親と一緒に暮らしている方の中には、向こうには愛想尽きたけど、向こうの両親には愛着があり、彼らを裏切って離婚することは申し訳なくてできないと考える方もいます。さらに、両親の介護をしているパターンだと、「見捨てて出ていくのか?」と自分を責めてしまい、それが原因でなかなか離婚に踏み出せないこともあります。今まで世話になったり、心から良くしてくれた人に対して負い目を感じるからこそ、離婚できないのでしょう。


夫婦が離婚しない理由その7:意地がある


夫婦が離婚しない理由その7:意地がある

夫婦のどちらかが浮気や愛人がいたとして発展した離婚話でも、結局離婚後はその相手のもとへ向かうことを考えると、「一人だけ幸せになるのか!?」と怒りが込み上げることも。その結果、意地でも離婚しないというパターンもあります。確かに、向こうにとってはむしろ「離婚してくれ!」と願っていることでしょうし、そう考えると「残された自分はどうすればいいのか」と考えるもの。

向こうは何も考えず愛人か浮気相手のもとで幸せに暮らせばいいとして、こっちは離婚後のことで色々悩まされるのかと思うと、怒りが込み上げるのも仕方がないのかも?「ぜったいに離婚させない」「そんな自分勝手は許さない」。まさに執念によって離婚を踏み留めているケースです。


夫婦が離婚しない理由その8:次に住む場所がない


離婚したはいいものの、次にどこに住むのか。実家に帰るという選択肢が一般的でしょうが、中には出戻りを受け入れる余裕がない実家もあります。また、女性の場合は保証人や仕事先がきっちりしていなければ、次の社会復帰に向けてのハードルまで高くなることも。そうなると、暮らす場所さえままならにことに。こういった考えから、結局離婚したくても離婚しないという方もいます。男性なら最悪一人でも何とかなるものですが、女性にとって離婚後一から再スタートすることは、それなりのエネルギーや時間を労することを覚悟しなければいけません。

いかがでしたでしょうか。最初は愛し合っていたのに、いざ夫婦生活を送るとなると、想像していた以上に噛み合わないと感じることも多々あると思います。結果、離婚を考えることがあるとしても、やはり一度は互いの仲の修復を図ることも大切です。大変かもしれませんが、ゆっくりとお互いに相談していきましょう。

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。



そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、月額1000円ぐらいの課金で驚くほど簡単にセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

課金したらセックスしやすくなる理由がJメール裏機能の新人ブースト。実は新人会員が課金すると女性会員画面に目立つように表示されるんです。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

慣れてる人なら最低課金額の1000円で3人、初めての人でも1~2人ぐらいのセフレが作れますよ。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は1000円課金して2人のセフレが作れました。1人目こそ1500円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で2人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが2人どころか5人ぐらい欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今ならポイントもお得に購入できるうえに新人ブーストもされるので、1ヶ月で5人以上のセフレを作ることも簡単ですよ。

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る