1
低用量ピル服用中の飲酒はOK?ピルとお酒の関係性

低用量ピル服用中の飲酒はOK?ピルとお酒の関係性

685 views

お酒をたしなむ女性にとって、服薬中の禁酒はとても辛いものです。となると、その服薬するものがピルであっても、決まって禁酒・・・となる訳ではないようです。今回は、ピル服用中の飲酒についてや関係性を記述しますので、服用の際の参考にしてください。


ピルとお酒の関係性


ピルとお酒の関係性

冒頭でも記述したように、一般的には薬とアルコールの相性はすこぶる悪く、「服薬=禁酒」なのが一般常識となっています。例え軽い風邪薬であっても、服薬中の飲酒は厳禁であると取扱説明書に謳われているのが現状であり、普通の感性であれば服薬後にお酒を飲むような真似はしません。

ですがピルはこれに当てはまらず、実のところピルとお酒は相互間で作用することがないため、「関係性は生まれない」というのが正解となるのです。


ピル服用後の飲酒はOK?


ピル服用後の飲酒はOK?

前項に記述のとおり、ピルとお酒に関係性が生まれないという観点から、飲酒は問題ないと解釈できます。よって、ピルを服用後にお酒を飲んでも、「ピルとお酒が合わさったことによる影響」は一切無いのです。

ただし、ピルとお酒が「合わさって」何かを起こすことはないものの、ピルとお酒「それぞれ」に副作用があったり、人体への影響があるため、何らかの症状が発生した場合は、ピル「か」飲酒どちらか単独の影響となります。


ピルも飲酒も肝機能への負担が大きい


では、ピルや飲酒の副作用や影響にはどのようなものがあるかという部分ですが、ピルは嘔吐や下痢、致命的なもので血栓が挙げられ、飲酒にあってはもはや説明するまでもありません。それに、嘔吐や嘔気、頭痛などの似通った症状も多く見られるでしょう。ピルを飲んで気持ち悪くなるのも、飲酒をして気持ち悪くなるのも、仕組みとしては違いはありません。

加えて、肝臓への負担についても共通しています。どちらも、人体に取り入れた際に肝臓が処理しようとするのですが、ピルの成分も処理しアルコールも処理するという「重複」が、肝臓への負担を計り知れないものとしてしまうのです。


飲酒の弊害は思わぬところで


そして、弊害は肝臓へのダメージだけではありません。思わぬところにも弊害があり、それがピルの効果を失うきっかけとなるかもしれないのです。要は「飲酒をする」訳であり、それはお酒の効能や影響をやがて人体が呈する・・・要するに単純に「酔う」ということであり、それに伴いピルの飲み忘れや、ピルを飲んでも飲酒により吐いてしまうなど、飲酒の悪影響によりピルの服用を台無しにしてしまう場合があるのです。


副作用が分からなくなることも


ピルと飲酒には副作用をもたらす関係性はありませんが、飲酒の影響によりピルによる副作用が分からなくなることもあります。これがどういうことかと言うと、前述のとおりピルの副作用にも飲酒の影響にも嘔吐や嘔気、頭痛などの似たようなものがあり、双方が被っている症状については判別が付かなくなるのです。

そのため、飲酒自体には問題がなくても、それらの被っている症状には十分に注意する必要があります。その症状がピルの副作用で現れている場合は、もしかすると緊急を要する可能性が否定できないのです。


まさかの結果に驚きを隠せないと思います。服薬=禁酒が常識だと思っていたお酒好きの方には、ある意味朗報となるでしょう。しかしお酒に「飲まれて」しまえばそれに伴うピル服用とは違う弊害が現れますので、十分に注意して飲酒をしてください。panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:低用量ピルを服用中に知っておくべき、ピルとお酒の危険な関係
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る