「ピル」vs「漢方」生理不順の治し方でベストな方法はどっち?

「ピル」vs「漢方」生理不順の治し方でベストな方法はどっち?

90 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
生理不順を治すのに、世間ではピルか漢方の二つが選ばれています。ですがこの選択、どちらにもメリットとデメリットがあり、即決するのもなかなか難しいものなのです。今回は、生理不順を治すのはピルなのか漢方なのか、それぞれ徹底比較をさせていただきます。


ピルの生理不順への作用


ピルの生理不順への作用

ピルの場合、継続して服用することで生理不順が解消される結果となります。これがどういうことかと言うと、ピルは女性ホルモンの塊であり、服用している間は体が女性ホルモンで満たされます。女性ホルモンが満たされている間は、体が「自分は妊娠している」と勘違いしているため、卵巣はその機能を停止して卵子を排出しません。

と言うことは、受精に失敗した卵子を体外へ排出する行為・・・すなわち生理が起きないことに繋がります。ピルはそれを28日にまとめてしまうので、生理「不順」は自然と解消されることになります。さらに応用として、28日を周期とするのではなく自分の任意で生理を始めることも可能であり、生理をコントロールできているという観点からも「不順」ではなくなります。


ピルのメリット


ピルのメリット

では、ピルを使用するメリットについてお伝えします。生理不順に対してピルを服用するということは、前述のとおり不順どころか生理をしっかりとコントロールできるようになるところまではお分かりいただけたと思います。

加えて、生理不順に付き物の生理痛も軽減できる大きなおまけも付いてくる上に、子宮内膜症の改善や卵巣がんや子宮がんのリスク軽減、ホルモンバランスを整える、さらには骨粗鬆症の予防、乳房良性疾患の予防、長期的に服用することでピルをやめた後に妊娠しやすくなるなど、至れり尽くせりのメリットが存在します。

この中でも「ホルモンバランスを整える」は、体調を良くする結果に繋がるので快適な生活が促され、人生をより豊かにするという大きな視点でのメリットも現れます。「避妊以外の効果」は全て副作用という考え方になりますが、その副作用が女性に対して極めて有効なのです。このメリットの多さこそが、ピルが世界中で愛されている理由のひとつとなっています。


ピルのデメリット


そんなメリットばかりと思えるピルも、当然デメリットを抱えています。最も大きなデメリットと言えば、やはり血栓症のリスクとなる副作用を持っていることでしょう。もっとも全ての方が該当する訳ではありませんが、特定の持病を持っていたり生活習慣に問題があると、将来的に血栓症が好発してしまうようです。

さらに、乳がんや子宮頸がんの発症リスクも上昇させてしまいます。そして副作用はこれだけでなく、嘔吐や嘔気、頭痛、発熱などの症状が現れることも多く、ピルを飲み始めたものの副作用が辛くて服用をやめてしまった方も多いようです。

そして、ピルを入手するまでの手順も面倒というデメリットもあります。ピルは市販されておらず、必ず医師の診断の上で処方されなければなりません。生理不順を目的として医師に相談するならまだハードルは低いのですが、ピル使用者にはもっとデリケートな問題を抱えている方も居ます。

そのような方が医師に相談できなくて、非情な結果となったケースも少なからずあるのです。なお、個人輸入で医師を挟まない購入方法もありますが、全て自己責任で服用、管理しなければならないので、それだけで十分リスクでありデメリットとなります。


漢方の生理不順への作用


今度は漢方が生理不順にどのように作用するかですが、これはピルとは全く違う視点となります。生理不順の場合は温経湯(ウンケイトウ)という漢方がよく使われるのですが、効果としては体温上昇が主なものとなり、排卵障害等の婦人系の症状にも使われ、近年その知名度を増しています。女性には冷え性の方が多く、冷えはあらゆる病気や体調不良の温床であり、生理も例外ではないのです。

ただこの温経湯の場合、体を暖めるだけでなく体内の水分を調節して体調を整えるという作用もあります。そもそも、これまでの生理不順は「体調不良」であったからであり、根本的な部分を改善して生理も改善しようというのが漢方の考え方になるのです。ピルの場合はその部分にだけ干渉して改善に至るため、漢方の考え方とは大きく変わります。


漢方のメリット


漢方の最大のメリットは、やはり副作用がないところにあります。漢方の種類によっては副作用を呈するものもあるのですが、副作用が出たところで問題にならない程度であるものがほとんどで、漢方に限り副作用を気にする必要はありません。それにより、極めて長期間飲み続けても体調不良を起こすことがなく、副作用が強く懸念されるピルと比べて、その安全性は折り紙付きだと言えるでしょう。

そして、よく「漢方は健康保険が効かない」と言われていますが、医療機関でも漢方は普通に扱われており、保険対象となっています。よって、価格もピルと大きく変わらず、手軽に服用できるようになっています。ただし、取り扱う医療機関で大きく価格に変化がある可能性があるので、事前に電話等で漢方に関する質問をしておく方が良いでしょう。


漢方のデメリット


勿論漢方にも、ピル同様デメリットはあります。最も大きいデメリットとしては、いち早く治したいはずの生理不順に対して即効性がない部分となります。漢方は、その効果が現れるのに非常に時間が掛かります。漢方の種類によっては「健康食品」扱いされているものもあるくらい、極めて緩やかに効果が現れるのです。そのため、生理不順の症状が重い方には不向きで、比較的症状が軽く長期的に体質改善をしたいと思う方に向いています。

なお、保険対象である漢方を購入する分には、ピルと変わらない若しくはそれ以下の値段で手に入りますが、薬局等で自分で購入する場合はかなり高額となり、とてもじゃありませんが継続して服用はできません。

加えて、体質的な問題で全く効果が得られないケースがあったり、基本的に「病気」に対しては無力なので、医師を介さず薬局で購入した場合は、抱えている疾患が悪化したり発見が遅れることもあります。さらに、同じ漢方でも「質」が違うケースもあり、中には粗悪品も混じっていることもありますので注意してください。


結局どちらが良いのかは個人の判断です。ピルにも漢方にも良さがあり、自分に適合している方を利用するのが良いでしょう。猶予があれば、一度どちらも試してみるのがお勧めです。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:実は避妊以外のメリットもたくさん!ピルの効果とは?

女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る