結婚前に知っておきたい、恋人と夫婦の関係の決定的な違い4選

結婚前に知っておきたい、恋人と夫婦の関係の決定的な違い4選

4,971 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
誰かを好きになって付き合って、一緒になりたくて結婚したのに夫婦になったらあれ?こんなはずじゃなかったのにと思うことは多々あります。恋人と夫婦と一体何が違うのでしょうか?ここではできれば結婚前に知っておきたい、恋人と夫婦の関係の決定的な違い4選をお届けします。


恋人と夫婦の関係の決定的な違い①:遠慮がなくなる

恋人と夫婦の関係の決定的な違い①:遠慮がなくなる
まずお互いに相手に対しての遠慮がなくなります。恋人同士のような距離をとった気遣いが必要なくなるので、恋人同士だったときには言えなかったことも言えるようになります。これはどちらかというと女性の方がその傾向が強くなるようで、ご主人にたいして言いたいことをいう奥さん、結構多いですね。


恋人と夫婦の関係の決定的な違い②:要求が多くなる

恋人と夫婦の関係の決定的な違い②:要求が多くなる
前項の遠慮がなくなるから続いて派生することです。恋人同士だったときには遠慮して要求しなかったことも夫婦になると要求しやすくなるせいでしょう。あれを買ってほしいとかこうしてほしいとか、これもやはり妻からの要求の方が多いようですね。でもこれはある意味では結婚した場合の特権かもしれないので一概に非難することはできません。


恋人と夫婦の関係の決定的な違い③:見たくない部分まで見えてくる


恋人同士だったときには別々に暮らしていますから、お互いに相手のことで見えない部分が多々あります。それが結婚すると四六時中一緒にいるわけですから、当然相手の見たくない部分まで見えてきます。

それまで見せなかった部分も見せるようになるので、エッこんな面があったの?とびっくりすることもあるかもしれません。でもこれはもう好きで一緒になった相手だったら、相手のそのままを受け入れる以外ありません。


恋人と夫婦の関係の決定的な違い④:良いことも悪いことも共有する意識と責任感


結婚とは恋人関係の延長でもなければ、婚姻という書類上だけの関係でもありません。結婚とは世間的にも夫と妻として認められて二人が共に暮らしていき、より絆が深くなる関係です。生涯を共に歩んでいく上で良いことも悪いことも共有していくという共同体の意識を持つのが夫婦です。

そしてお互いに対しての責任感も強くなります。恋人関係の場合はこの責任感という観念は弱く、相手が嫌になればいつでも簡単に関係を破棄できます。相手に対しての責任がない分、恋人関係は気楽といえます。


いかがですか?長年連れ添っていてうまくいっている夫婦は、一般的に相手のすべてをそのまま受け入れています。そして夫婦とはお互いが一番近くにいる他人だということを認識しています。自分と同じではない他人という意識があれば、恋人だろうと夫婦だろうと、相手に対しての気遣いと配慮ができます。これさえ忘れなければ好きな相手と夫婦になってより深い絆が結べるのはいいことですよ!以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
絶対に長続きしないカップルの意外な共通点5選
夫婦の絆が確実に強くなる!効果抜群の方法7選

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?




そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、ワクワクメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ワクワクメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

ワクワクメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



ワクワクメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでワクワクメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてワクワクメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がワクワクメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も750万人います。今流行りのTikTok以上に女性登録者が多いんです。



ヤングジャンプやプレイボーイにワクワクメール公認のグラドルたちが掲載。有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ワクワクメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとワクワクメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。

sexsyouko001

ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがワクワクメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1200円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。




本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る