女性のオナニースポットおすすめ20選|安全にスリルと興奮を満喫しよう

女性のオナニースポットおすすめ20選|安全にスリルと興奮を満喫しよう

798 views

この記事を書いた人
性の遊牧民
えりゅ
魔女裁判とリョナがオカズになる、精神的S肉体的Mな変態娘。現在は乳首イキの成功率を上げるため自己開発しつつ、イククルでAF開発&二穴責めしてくれるご主人様を捜索中。目下の悩みは足ピンオナニーがなかなかやめられないこと。
ベッドの上でまったり楽しむオナニーもいいけれど、たまには場所をかえて最高に興奮するオナニーをしてみませんか?

「誰かに見られるかもしれない・聞かれるかもしれない・バレたら終わりだ」そんな人生をかけたスリルは、ゾクゾクするような快感を与えてくれます。

とはいえ実際にバレるわけにはいきません。野外オナニーは”公然わいせつ罪”に該当する立派な犯罪なためで、間違いなく社会的死が待っています。

バレにくくそれでいてスリルが味わえるのはどんなところなのか。今回はそんな、女性がするのにうってつけのオナニースポットおすすめ20選を紹介します。


自宅だけでは満足できない人必見!刺激的で興奮するスポットでオナニーを楽しもう

オナニー スポット
外で楽しめるオナニースポットは、「人にバレない場所かどうか」が最重要ポイントになります。

当然のことだと思いましたか?でもほとんどの人は、「隠れられそう・人が来なさそう」で考えてはいないでしょうか。

この違いは意外と大きいもの。あまりにも人が来ない場所だと興奮が薄れるし、絶対に見られない安心感はスリルを奪ってしまいます。

「人に見られるかもしれないし怪しまれるかもしれないけどバレない」、これが最高に興奮できる要因。そんなギリギリを狙えるオナニースポット20選がこちらになります。


それぞれのオナニースポットを、「オナニーしやすさ」「バレないかのドキドキ感」、この2つで総合的なおすすめ度を決めました。しっかり快感に浸りたいのか、ヒヤヒヤに近いドキドキを味わいたいのか…。お好みの場所を見つけてみてくださいね。


①ベランダ


オナニーしやすさ ★★★★★
バレないかのドキドキ感 ★☆☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★★

まずは序の口。部屋を出てベランダでオナニーしてみましょう。さほど難易度は高くないように感じますが、やり方次第でいくらでも調整できます。

・人通りがガラリとかわる昼にするか夜にするか
・夜にするなら影でバレかねない部屋の電気を消すかつけるか
・通行人に確実に見られる上半身の服を脱ぐか脱がないか
・出入口でもある窓の鍵を開けるか閉めるか
・ローターなどのオモチャを使うか使わないか

組み合わせ次第で味わえるスリルに差を出せるのは、ベランダでする特権とも言えます。

特にオモチャの使用はぜひ試してみて欲しいところ。ローターや電マでクリを責めるのも、意外と機械音がするのでヒヤヒヤして楽しめます。

でも個人的には乳首責めアイテムがおすすめ。ベランダのはしまで行けば、当然上半身がすべて見えます。そんな状態で両乳首にオモチャをつけるのは、かなりのスリルとなるでしょう。

遠くからでも見られてしまうので、左右を気にしながらこの変態行為に興奮してみてください。


②多目的トイレ


オナニーしやすさ ★★★★★
バレないかのドキドキ感 ★☆☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★★

多目的トイレの利用は、通常トイレが混み合ってでもいない限りあまり人がこない場所です。だからこそ某お笑い芸人も、これ幸いと不倫現場として使ったのでしょう。

おすすめはデパートなどの施設内ではなく、観光地や大きな公園に併設されている多目的トイレ。平日ともなれば、丸1日を通してさほど利用されません。

だからこそ、長時間その場でオナニーを楽しみ続けられるメリットがあります。

・室内で全裸になる
・ウォシュレットでクリ責めする
・鏡に局部をうつす
・「3回イクまで出れない」などの制限を設ける
・浣腸プレイをしてみる
・全裸でポージングし写真を撮る

他にも「オナニーをムービーで撮る」なんてのもいいかもしれませんね。

鍵を閉めてしまえば、まず人には見られない場所です。スリルという意味ではやや興奮度は下がりますが、かなり大胆なプレイもできるので、やり方次第といったところでしょう。

ただ大きな喘ぎ声を出すのはNGです。さすがに防音ではないので、聞かれれば通報されかねません。激しいプレイはできるけど声は出せない、これも1つのプレイとしてお楽しみください。


③倉庫・道具置き場


オナニーしやすさ ★★★★★
バレないかのドキドキ感 ★★☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★☆

よく見かけるのが公園内でしょう。防災倉庫として使われていたり、カラーコーンなどの備品がおさめられていたりします。

ここも滅多に人が来ない場所です。むしろ年単位で放置されていることも少なくありません。そういった意味では、人に見られるリスクはほとんどないでしょう。

ではなぜ倉庫・道具置き場をおすすめするかというと、3つの興奮材料があるためです。

1:倉庫に近付くとき
はしっこにある倉庫に、作業着でもない普段着の女性が近づくなどありえません。見られれば100%であやしまれます。

2:倉庫に出入りするとき
年単位で放置されているからこそ、扉の開閉時に音がします。特に出るときは周囲の様子がわからないので、耳を澄ませソロリソロリと開けざるをえないでしょう。

3:倉庫内の汚さ
大量のクモの巣やホコリは当然あります。狭くてとれる体勢が限られる場合もあるでしょう。そんなところでするオナニーは、背徳感トップクラスですよ。

お世辞にも衛生環境がいいとは言えません。感染症対策として、ウェットティッシュ片手にチャレンジしてみましょう。


④海水浴場


オナニーしやすさ ★★★★☆
バレないかのドキドキ感 ★★☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★☆

よく「季節外れなら人もいないし大丈夫だろう」なんて言われますが、個人的には季節関係なく楽しめると思っています。

たとえば真夏で人が大勢いたとしましょう。しかしみんな自分が遊ぶのに夢中です。隣に座っている人のカバンが何色かすら、さほど意識していないでしょう。「人が多くても意識されなければ問題ない」、暴論かもしれませんが正論でもあります。

さて、海水浴場のどこでオナニーするかといえば、以下のような場所がおすすめです。

・岩場のかげ
・公衆トイレ
・防砂林の中
・海の中

ロングスカートやパレオを着れば、パラソルの下でコッソリするのも可能ですよ。

他にも車があるのなら、駐車場に停めた車内で楽しむのもいいでしょう。真夏の昼間ともなれば、多くの人が車のそばを歩きます。「見られたけどバレてないよね?」とドキドキしまくること請け合いです。


⑤マンガ喫茶


オナニーしやすさ ★★★★☆
バレないかのドキドキ感 ★★☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★☆

時間帯を選ばず行けるオナニースポット代表が、このマンガ喫茶です。お値段も数百円程度とリーズナブルなので、頻繁に通ってもお財布は痛みません。

お店によって天井まで閉じた個室なのか、囲われているだけの個室なのかに分かれます。しかしスリルを味わうなら、やはりおすすめは囲われているだけの半個室でしょう。

天井から声が漏れてしまうのはもちろんですが、意外と音も聞かれてしまうのがミソ。隣の人が座り直す音すら聞こえる環境です。たとえ声を押し殺しても、濡れてきたクチュクチュ音が聞かれれば即バレします。

おまけに部屋の前を結構な頻度で人が通るので、そのたびにビクッとするスリルもあるでしょう。「覗かれたらどうしよう・間違えて開ける人がいたらどうしよう」と、常にドキドキできます。

あとパソコンがあるので、オカズに困らないのも嬉しい点ですね。わざと過激な企画モノなどを見れば、より「見られたらヤバイ」感が増し興奮します。


⑥映画館の最後尾席


オナニーしやすさ ★★★☆☆
バレないかのドキドキ感 ★★★☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★☆

よほどの話題作でもない限り、最後尾まで満席になることはまずありません。そのためチケットを確保するのはそうむずかしくないでしょう。

ただ最後尾に座り、空間丸ごとの雰囲気を楽しむ人は一定数います。そのため「横一列誰もいなくて安心」とはなりにくいのが1つの興奮材料です。

スカートの中に手を入れクリイキする、これは意外と簡単にできてしまうため、そこまで難易度は高くありません。

おすすめはローターの使用です。当然ながら映画が大音量で流れているため、多少のモーター音ならバレはしません。

でもシリアスなシーンや、フとした場面転換シーンでは、一気に館内は静まり返ります。そんなときにローターをつけっぱなしにしていれば、確実にバレてしまうでしょう。

「気持ちよさにも浸りたいけど、スイッチのオンオフを見極める必要もある」、このチャレンジは1度味わうと病みつきになりますよ。


⑦友人宅のトイレ


オナニーしやすさ ★★★★☆
バレないかのドキドキ感 ★★☆☆☆
総合的なおすすめ度 ★★★★☆

トイレはオナニースポットとしてメジャーですが、友人・知人宅でするのはかなりのツウ。友情を裏切るかのような背徳感があります。

まず何より気にしてしまうのが時間です。普通に用を足すだけなら、「トイレ貸して」から3分もすれば戻ってこれるでしょう。しかしオナニーしてイクのであれば、とても3分では終わりません。

仮に10分かかったとすれば、「あ、おっきい方だったんだな」と思われる羞恥プレイ付きです。

勇気があるのなら、ウォシュレットオナニーにチャレンジしてみるのも良いでしょう。水が落ちる音が出続けるので、友人がいる場所との位置関係次第ではあやしまれる可能性大です。

オナニーしたあとに、何食わぬ顔で戻るのもまた興奮するでしょう。わざと何度もトイレを借りる、なんてのもスリルを倍増させます。「どこまでバレずに済むのか」、そんなチキンレースもたまにはいいのではないでしょうか。


次のページ
⑧キャンプ場
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る