オナニーのマンネリを打破して刺激を取り戻すちょっとした工夫20選

オナニーのマンネリを打破して刺激を取り戻すちょっとした工夫20選

768 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
オナニーをしていて「何だかつまんないな」と感じたことは、誰にもあるはず。どんなものにも「飽き」は来るので、同じ方法ばかりでオナニーしても、必ずマンネリ化してしまうのですね。

そこで今回は「オナニーのマンネリ化を打破するテクニック」をご紹介!

オナニーの「やり方」「道具」「オカズ」「シチュエーション」と4つに分けて、それぞれのテクニックをまとめました。より良いオナニーを追求したい方はぜひチェックです!



オナニーのマンネリを打破するコツとは

中高生のうちは、ただオチンチンをシコシコするだけで最高の気分でしたよね。しかし大人になるとだんだん飽きてきて、もっと気持ちイイ方法はないかと模索し始めます。

オナニー自体をつまんないと感じる前に、以下のような工夫をしてみる必要がありますね。

◆刺激方法を変える◆
手でシコシコするのが基本ですが、他にもオチンチンを刺激する方法はたくさんあります。すでに馴染みのある方法や、ここ何年かで定着してきた新しい方法など。試す価値は十分ですね。

◆オカズを変える◆
オナニーの気持ちよさは、オカズへの興奮度と比例します。現代ではAVやコミック、アニメやVRなど、オカズとなるエロコンテンツはたくさん。オカズ探しをすることはより良いオナニーへの近道です。

◆シチュエーションを変える◆
オナニーはついつい同じ場所で同じ時間帯にやりがち。場面を変えるだけでも、ガラッと気分が変わり、気持ちよく楽しめます。特にコストもかからない方法なので、手軽に試せますね。

上記の3点を踏まえた上で、今回まとめたジャンルは4つ(やり方・道具・オカズ・シチュエーション)。合計20種類のテクニックや方法を厳選しました。今すぐ試せる方法から、ちょっと手間だけでレアな気分を楽しめる方法まで、目白押しです!


オナニーのマンネリを打破する工夫【やり方編】

まずはオナニーの「やり方」から、マンネリ打破に効果的な方法をご紹介。

一般的には「手でシコシコ」をいかに気持ちよくバージョンアップさせるかですね。ここではグッズやシチュエーションは一切抜きに、手と身体だけを使った方法からおすすめを5つ選びました!


①スローオナニー


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

昨今「スローセックス」なるセックスのやり方が注目されていますが、オナニーももちろん同様ですね。人の感覚っていい加減なもので、激しくシコシコするばかりだとどんどん強くなっていっちゃうのです。

そんな方はまず、オナニーをする手をゆっくり動かす癖を身につけましょう。初めてオナニーを覚えた時のような身長な手つき、あるいは年上のお姉さんが優しくさわってくれるような手つきで。ムードもしっかり作ると、普通にシコるよりも興奮度は高くなります。

スローオナニーの利点は、とにかく今すぐ試せること。オナニーしようと思ってすぐさまシコシコ始めるよりは、優しくていねいにさわり、雰囲気に酔いしれるイメージで。

手の動かし方自体に決まりはありませんが、握る力や動作もスローを心がけましょう。最初のうちはイケる気がしないかもしれませんが、ギリギリイケるような力加減を見つけ、徐々に低刺激に慣らしていくのがポイントです。ぜひお試しあれ!


②チクニー手コキ


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

オナニーに飽きてきた方がチクニーにハマるのは、お約束コースですね。特に風俗デビューすると、大抵の風俗嬢は乳首を舐めてきます。いつの間にか開発されて敏感になるパターンがほとんどでしょう。

そんな乳首の愛撫とオナニーを組み合わせると、オナニーだけでガシガシ擦る癖も抜けておすすめ。男性の乳首は女性と同じくらい敏感で、指で擦るだけでも手コキと変わらないくらいの快感を得られるのです。

やり方は簡単。手コキは誰もが片手でやるでしょうから、空いた方の手で乳首をさわるだけ。乳首の感度も左右異なるので、好きな方で構いません。ただ無理な体勢にだけならないように。

基本は「仰向けで手コキとチクニー」「横向きになって手コキとチクニー」の2択。椅子に座ってもできます。性感帯を2箇所同時に刺激できるので、当然イキやすくなります。

人によっては乳首イキでのドライオーガズムも体験できるでしょう。乳首開発に興味のある方なら一石二鳥のやり方です。


③寸止めオナニー


実行しやすさ ★★★★★
おすすめ度 ★★★★☆

「オナニーを長く楽しみたい」と思うのは、男性なら誰もが同じ。そんな時には「寸止め」がおすすめです。過度にやり過ぎなければ、射精寸前の快感を何度も楽しめます。

やり方はごくシンプルです。普段やっているオナニーを始めて、射精しそうなところで手を止めます。快感の余韻を感じつつ、また治まるのを待ち、また同様に繰り返します。

すると絶頂に近い気持ちよさを何度でも楽しめるので、1度のオナニーでの満足度は上がるわけですね。最後に射精した時の快感も格段に上がっているはずです。

解説するのは簡単ですが、いざやってみると意外に難しく、暴発しちゃう人もいます。そんな方はほどほどのところで止めて、また同様に繰り返せば、何度も快感を楽しめます。

ただ寸止めをやり過ぎると「逆行性射精」「膀胱炎」「尿道炎」などを引き起こす場合があるので、ある程度で満足する必要はあります。バランスよくこなせば、マンネリ化解消にも役立つテクです!


④床オナニー


実行しやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

リスクは若干あるものの、依然として人気なのが「床オナ」ですね。

やり方は、うつ伏せになって床やベッドの布団などにオチンチンを擦りつけ、射精まで促すというもの。手は一切使わず、擦りつけるだけで絶頂に行きます。

普段から手コキをしている人はイメージしにくいと思いますが、正常位素股などと近いです。裏筋や亀頭、尿道付近をゴシゴシさせるだけで、なぜか高まって射精までできるのですね。

初心者には難しいですが、コツを掴むと気持ちよくなっていきます。動作がセックスに近いおかげで、身体も自然と反応するのですね。

床オナ派の男性には、幼い頃からやっている方も多く、床オナじゃないとイケない人も多いです。遅漏とも関係が深く、射精障害を引き起こす危険なやり方ともいわれるので、やり過ぎは禁物。

たまの気休めに床オナをしてみるのは、至って健全です。床オナ専用のオナホや、床オナに適したマットレスなどもあり、追求してみると奥深いのがわかります!


⑤オナ禁オナニー


実行しやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

寸止めとやや近いアプローチで、格段に気持ちいいオナニーを楽しめるのが「オナ禁オナニー」です。

オナ禁とは、オナニーを禁止すること。どんな男性でも、期間が開いてから久しぶりにするオナニーやセックスは格別に気持ちいいですよね。精子が溜まっていると、快感もアップするようにできているのです。

そんな身体の仕組みを利用して、オナ禁をこなし、最高の快感と開放感を楽しむ方法になります。

オナ禁期間の目安は、若い方は数日間、40代以降の男性は数日から一週間くらい。20~30代の健康な男性なら、実は3~4日もあれば精子は満タンに溜まるといわれています。

しっかり溜め込めば感度もアップしますが、一定期間以上溜めるメリットはほぼありません。またオナ禁すると髪が増えるとか女性にモテるとかいわれますけど、あまり根拠はないですね。溜め過ぎると逆に精力減退(使われないので精子を作らなくなる)の原因になるので、バランスは大事です!


次のページ
オナニーのマンネリを打破する工夫【道具編】
  • 1
  • /
  • 4
1/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る