1
アナニーが3倍気持ちよくなるアナルバイブの使い方&おすすめグッズ

アナニーが3倍気持ちよくなるアナルバイブの使い方&おすすめグッズ

253,398 views

アナルバイブを使ったアナニーは指やディルドでやるよりも3倍気持ちいいと言われています。男でも女性のように無限の絶頂を味わえるメスイキ。ここに近づくには電動アナルバイブのようなアナニーグッズやおもちゃの使い方をマスターするのが近道です。そこで今回は最高のアナニーを実現するために、アナルバイブの使い方やおすすめグッズをご紹介していきたいと思います。ぜひお尻に神経を集中させてご覧ください。


アナルを刺激して気持ちよくなるアナニーとは?

アナニーとはアナル(肛門)を使ったオナニーのことを指します。お尻の穴を指で触れたりしても気持ちいいものですが、これはアナニーには含まれません。厳密にはアナルの奥にある前立腺を刺激するのがアナニーです。

指を挿入したり、大人のおもちゃであるアナニーグッズを挿入するのがオーソドックスな方法。体内を刺激するオナニーなので、まんこに挿入する女性に比べると、男性は抵抗があったり恐怖感があることもあります。

では男性のアナニー経験率はどの程度なのでしょうか。

こちらのアンケートによると何と48%もの人がアナニー経験済で、予備軍を含めると実に74%にもなります。4人中3人が興味を示しているアナニー。まだ関心がないあなたは、もしかしたら時代の波に乗り遅れているかもしれません。

ちなみに前立腺は膀胱のすぐ下にあり、精液が尿道を通る際に前立腺を圧迫することで、射精時の快感へとつながっています。おしっこを限界まで溜めた後の放尿で快感を得るのも同じメカニズムです。



この前立腺を直接刺激するのがアナニーの醍醐味。間接的な気持ち良さよりも直接の方が気持ちいいに決まっています。またアナニーに慣れると射精を伴わないドライオーガズムを体験することも可能。"メスイキ"と呼ばれる無限絶頂の世界を味わうことができるようになります。

〇関連記事
射精の10倍気持ちいい!前立腺マッサージのやり方と開発方法まとめ
経験者が教える!誰でも簡単に絶頂できるドライオーガズムのコツ


アナニーにはアナルバイブがあると3倍気持ちよくなる!

アナニーをするにあたって重要なのは前立腺に届くかどうかという点。他の人にやってもらえば割と簡単に届きますが、アナルに指を入れてくれるパートナーはあまりいないでしょう。1人でやるとしたら体が柔らかくないとかなりキツいです。

そこでおすすめしたいのがアナルバイブです。読んで字のごとくアナル用のバイブなのですが、かなり洗練された構造になっています。確実に前立腺を刺激し、かつ直腸内を傷つけない形状や材質。アナニー文化が浸透してきている証でしょう。

バイブによる細かい振動が前立腺を刺激すると、体全体が快感に覆われるような感覚に。これによりドライオーガズムやトコロテンと呼ばれる射精を伴う現象も起こります。トコロテンができるようになると勃起していない状態で連続射精することが可能。これは経験した人でないと分からない気持ち良さです。

指でするアナニーでここにたどり着くには困難を極めます。せっかくアナニーをするなら3倍、いやそれ以上に気持ち良くなれるアナルバイブを使わない理由がありませんね。自分で挿入するのが怖い人は専門の風俗店でプロに挿れてもらうのも手ですよ。

〇関連記事
前立腺を刺激して射精することをトコロテンオナニーというらしい
ペニスは一切触れずに射精!”トコロテン"の仕組みとやり方


アナルバイブは数知れず!アナニーグッズの選び方のコツとは?

アナニーがメジャーなオナニー方法になりつつある今日、アナルバイブは数えきれないほど生まれています。どれが自分に合ったアナルバイブなのか、特にアナニー初心者の人にとっては悩みどころですよね。

そこでアナニーグッズを選ぶときのコツをご紹介していきます。アナニーマスターの人はすでにお気に入りのアナルバイブがあると思うので、ここでは初心者向けに解説します。ぜひ参考にしていただき、最高のアナニーでメスイキしてください。


前立腺を捉えられる形状のものを選ぶ

せっかくアナルバイブを購入しても前立腺に当たらなければ意味がありません。直腸から前立腺までの道のりは真っすぐではありませんので、カーブがちゃんとついているもの、または自由に曲がるものを選ぶ必要があります。

アナルバイブを謳った商品でも固くてストレートなものがあるので、形状には特に注意して選んでください。このようなアナルバイブを初心者が使うと、腸壁を傷つけたり膀胱まで一気に挿入してしまうことがあります。

また太さもアナルバイブによって様々な種類があります。いきなり極太バイブを挿入してしまうと肛門裂傷や腸壁ダメージを招きますので、細いものから試すことをおすすめします。細いタイプのものから始めて徐々にアナルを開発していきましょう。

少し慣れてきた頃には凸凹のあるアナルバイブにチャレンジしてみましょう。これによりバイブの出入りが感じられるようになるので、前立腺以外でも快感を得ることができるようになりますよ。


価格ではなく機能で選ぶ

アナルバイブを初めて買うときには価格が気になるもの。しかし今から買おうとしているのは、アナルに挿入するものであることを忘れてはいけません。かなりデリケートな部分に使用するので価格だけに目を向けると失敗する確率が上がります。

選ぶべきアナルバイブは以下のような機能があるものがおすすめです。

・スイッチのON・OFFがしやすい
・腸壁に沿ってフレキシブルに動く
・アナルバイブの先端部分が振動する
・バイブの強弱を幅広く調整できる

アナルバイブ挿入時にはローションを使うので、ヌルヌル状態でスイッチに触れる必要があります。そのためスイッチが切りやすいものを選ばないと、メスイキしてただでさえ力が入らないので、OFFにできず延々とイキ続けることになります。

またバイブ機能が根本のみに内臓されていて肝心な前立腺まで振動が伝わらないことも。先っぽにバイブが組み込まれているものを選ばないと、ただのディルドにしかなりません。これでは3倍気持ち良くなることは不可能です。

そしてバイブの強さをコントロールしやすいのも重要なポイントです。慣れないうちは微弱から始め、次第に強くしていければ開発がより進みます。強・中・弱のようなおおまかな設定では合わない人もいるので、できるだけ細かく設定ができるものが良いでしょう。


アナルバイブの使い方|注意点や気持ちよくなる方法を紹介

アナルバイブはただ挿入すれば気持ちいいというものではありません。使い方をしっかりマスターしてこそ最高のアナニーができるようになります。そこでアナルバイブを使うにあたっての注意点や気持ち良くなる方法を解説していきます。


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る