風邪薬はOK?ピルと飲み合わせても良い物・悪いもの

風邪薬はOK?ピルと飲み合わせても良い物・悪いもの

156 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
ピルを服用される方は悩んだ経験があると思いますが、ピル服用中に風邪をひいた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?普通なら風邪薬を飲んでゆっくりとしたいところですが、ピルと風邪薬の併用に問題はないのか気になるところです。よって今回は、ピルと飲み合わせても良い薬と悪い薬についてお伝えします。


ピルと飲み合わせて良い薬


ピルと飲み合わせて良い薬

まずはピルと飲み合わせても良い薬についてですが、結論から述べると一般的な市販薬は概ね問題がないと考えて良いでしょう。胃薬、解熱剤、漢方薬、便秘薬、抗アレルギー剤など、これらはピルと一緒に飲んでも何ら問題ありません。

それと、厳密には服薬するものではありませんが、湿布、坐薬、塗り薬全般、目薬、歯医者等の局所麻酔もピルに干渉することはありません。一般人が手に入れられる薬は、おおよそこのくらいでまず問題はないと言えるでしょう。


ピルと飲み合わせてはいけない薬


ピルと飲み合わせてはいけない薬

今度は逆に飲み合わせてはいけない薬です。とは言っても、ピルを併用してはいけない薬というのは、一般人が手に入れられるものが少ないため、そこまで強く懸念するものではありません。

抗生物質であるテトラサイクリン系やペニシリン系、喘息薬であるテオフィリン、副賢皮質ホルモン(内服)、抗てんかん剤、血糖降下剤などが挙げられます。いずれも一般人が容易に手に入れられるものではなく、処方せんが必要なものが大半なのですが、サプリメントのセントジョーンズワットやチェストベリーという容易に手に入るものも飲み合わせてはいけないものに含まれているので、十分に注意する必要があります。


風邪薬は大丈夫?


最も服用する可能性の高い風邪薬にスポットライトを当てますが、ピルの風邪薬の相性は如何なものなのでしょうか?実は、一部併用するとピルの効果を下げるものがあり、風邪をひいたら遠慮なく風邪薬を服用するような真似はしてはいけません。できれば、処方してもらった医師にピルを服用している旨を伝え、処方を配慮してもらいましょう。


処方の際に説明がある


飲み合わせて良い薬、悪い薬について説明しましたが、病院でピルを入手した方は処方の際に説明があったと思います。それらを遵守し、注意してピルを服用すれば特に問題は起こりませんが、できれば自分の私生活など細かい嗜好も医師に話しておいた方が無難でしょう。

それにより、あなたがどのような「飲み合わせてはいけない薬」を飲む確率が高いか、その傾向を医師が知ることができるのです。それにより、もっと身近なアドバイスをいただけるでしょう。


うっかり飲み合わせてはいけない薬を飲んだ場合


もし、うっかりしていて飲み合わせてはいけない薬を飲んでしまった場合は、まず掛かり付けの医師に相談して、その薬がどのようにピルに作用するかを判明させましょう。ピルの効果が著しく低下するなどの致命的な効果がある場合は、改めてピルを服用したり服用そのものを中止しなければならない場合もあります。そこも医師の指導に従うようにしてください。


ピルが、処方が必要な特殊な薬である以上、飲み合わせについては非常に気になると思います。今回の記事の内容を踏襲し、上手く他の薬と付き合えるようにしましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:アフターピルでの失敗の8つの原因と、失敗しないための対策

女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る