ピルを服用した時に腹痛を感じたら…原因と対処法

ピルを服用した時に腹痛を感じたら…原因と対処法

144 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
これもよくある副作用ですが、ピル服用後に時折腹痛を訴える方が居ます。そのほとんどは問題のないものばかりですが、やはり不安になるのが当たり前です。今回は、そんなピル服用後の腹痛の原因とその対処法をお伝えします。


ピルと腹痛の関係


ピルと腹痛の関係

腹痛は、ピルの副作用のひとつでありそれほど珍しいものではありません。通常、服用後から数時間程度で症状が現れ、頭痛や浮腫、吐き気などの症状も同時に呈することがあります。通常の腹痛と違うところは、ピル服用期間は頻発する傾向が強く、さらに生理痛に似た痛みであることが大半なようです。

なお、ほとんどの場合は心配するような状況ではなく、日にち薬で(ピルに体が慣れると)軽快していきます。


その他の副作用の「結果で」現れることも


その他の副作用の「結果で」現れることも

ピルの副作用として腹痛が現れる場合があれば、その他の副作用により結果的に腹痛として現れることもあります。では、その他の副作用とは何かという部分ですが、それは「便秘」になります。便秘と腹痛は表裏一体であり、腸内に大便が詰まることで腸内圧が高まり、腹痛となって痛みを呈します。

このように、極めて身近な関係にあるため、便秘により腹痛を伴うケースは非常に高い割合で発生すると言えます。


腹痛?生理痛?


ピルを服用した後の腹痛で、もっともよくあるのが生理痛に似た腹痛です。そのため、まずはその腹痛が「お腹が痛い」のか「生理痛に似ている」のかを確認しましょう。便秘がなく、生理痛に似ている痛みであれば、それはピルの副作用となります。便秘でお腹が痛いのであれば、それは便秘の副作用による腹痛となるでしょう。

後述しますが、その違いで対処法も変わってきますので、しっかりと確認しておいてください。


下痢には十分に注意する


なお頻度としては低いのですが、腹痛症状が現れた後に下痢になるケースも存在します。これは安易に下痢をしているだけと考えてはいけません。理由は、ピル服用3時間以内で下痢を起こした場合、腸内で消化されずにそのまま下痢として排泄してしまうため、ピルの効果が消失する可能性があるからです。

よって、3時間を目安にして下痢症状が起きた場合、ピルの再服用が必要となる場合があります。再服用については、3時間以内であればもう一度ピルを服用しても良いのですが、可能であれば医師に相談して判断を仰ぎましょう。


腹痛の対処法について


ではこれらの腹痛をどのように対処していくかですが、生理痛に似た腹痛であれば生理痛と同じような対処をすることで軽減又は改善されます。便秘による腹痛であれば、運動や食事の改善等の通常の対処法で乗り切って下さい。ここで下剤を使ってしまうと、前項のようにピルの効果を失ってしまうので禁忌となります。

この2つの経緯で対処が変わるので、十分に気を付けましょう。もっとも、やはり基本的には医師に相談して今後の対応を決めなければなりません。


副作用でもそうでなくても、腹痛は最も一般的な病状です。それだけに甘く考えがちですが、ピルを服用しているときだけは警戒しておきましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:ピルの飲み忘れ時の出血の正体は、生理ではなく消体出血…

女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る