ピルを服用して眠気が襲ってきたときに使える4つの撃退法

ピルを服用して眠気が襲ってきたときに使える4つの撃退法

100 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
ピルを常用されていて眠気をもよおす方なら分かると思いますが、副作用としての眠気を打破するのは非常に困難です。いくら起きようとしても、無理矢理眠らされるあの感じは筆舌に尽くし難いものがあります。今回は、それでも何とかしたいピルを飲んでからの眠気を、撃退する方法をお伝えします。


何故ピル服用で眠気が現れるのか


何故ピル服用で眠気が現れるのか

ピルが避妊できる理由のひとつに、疑似的に妊娠状態を作りだし排卵を抑制させるというものがありますが、これに伴い眠気が発生することがあります。何故なら、疑似的とはいえ体が妊娠している状態だからです。妊娠している状態であるなら、それは当然妊娠の関連症状も現れる訳で、それには「眠気」も含まれています。ホルモンバランスが変わり、体温が上昇することで自然とそのような状態になってしまうのです。

これはれっきとした「副作用」であり、対処が求められます。次項からそんな眠気を撃退する方法について記述します。


撃退法①:ピルの服用時間を変える


撃退法①:ピルの服用時間を変える

最も簡単で確実な方法として、ピルの服用時間を変更するというものがあります。今、あなたがピルを服用している時間は、その1日のどの時間帯ですか?お昼時や昼下がりに飲んでしまうと、まだ活動時間であってもお構いなしに眠気がやってきてしまうでしょう。

そのため、ピルの服用時間を夜間寝る前や夕食後くらいにすることで、眠気がきても問題のない時間帯に眠気をズラすことができるのです。堪えられない眠気がくればそのまま眠ればいいのですから、非常に有効な方法となります。


撃退法②:コーヒーやガムを利用する


よくある単純な方法ですが、カフェインを摂取したり常時体の部位を活動させることで、眠気を解消することができます。コーヒーを「飲むだけ」、ガムを「噛むだけ」ではありますが、カフェインがよく効く方なら絶大な効果がありますし、ガムは集中力を高める作用があり覚醒にはもってこいなので、単純でありながら最大の効果を示します。

ただ、コーヒーを飲む場面やガムを噛むタイミングが限られる場合があるので、節度を守って行いましょう。


撃退法③:軽く運動する


覚醒の代表的手段です。軽い運動は体の目覚めを促します。よって、眠気がきたらその場で体操をしたり、軽い筋トレを行ったり、ランニングをすることで、体が「体を起こさなければ」と考え眠気は何処かへ行ってしまいます。ただ、激しい運動をしたり筋肉に強く負荷を掛けてしまうと、暫く時間が経った後で逆に眠気がきてしまいますのでほどほどにしておきましょう。


撃退法④:眠気と同時に興味があることをする


これは、端的に言うと欲求で眠気を抑えることとなります。よく考えてみると分かると思いますが、どれだけ眠くても楽しいことをしていると眠気など忘れてしまいませんか?その感覚を上手く利用できれば、どれだけ眠気がやってきてもたちまち解消することができます。

できれば、同じ興味のあることでも「その場でじっとしているものではない」ものをチョイスしましょう。その場でじっとしていると、いくら興味があることでもまもなく眠気が訪れてしまいます。


机上の空論と思う前に、まずは試してください。きっとあなたに合う撃退法がこの中にあると思います。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:これから使いたい人必見!ピルに関する基本情報まとめ

女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る