1
明日すぐヤレる!「青姦」のやり方・注意点・おすすめスポットまとめ

明日すぐヤレる!「青姦」のやり方・注意点・おすすめスポットまとめ

424,491 views

いつものセックスがマンネリ化していませんか?変化を求めたいなら思いきって「野外セックス」にチャレンジしてみるのも1つの手です。今回はpanpan編集部がドキドキ感がたまらない!青姦(あおかん)のやり方と注意点をご紹介しちゃいます!野外セックスしやすいスポットもこっそりお教えしますね。


青姦(あおかん)とは


青姦(あおかん)とは
「青姦(あおかん)」と言うのは、その名の通り「青空の下で行う性行為」のことです。青は「青空」のことですが、夜に行っても青姦といいます。ラブホテルが普及する1965年頃までは、現在よりもかなり多くのカップルが行っていたようです。

現在では、普通のセックスでは得られない刺激や興奮を得るために行われている場合もあります。AVやアダルトゲームの影響で、こうした野外セックスを嗜好する人も増えているようです。


青姦(あおかん)にはエロ動画や不況も関係しているって本当?


また、最近は単に「お金がなくてラブホテルが利用できない」というカップルも増加している模様。こうしたカップルは親元で暮らしている率も高く、自宅でのセックスは難しいことが多いです。

そのため数少ないプライベート空間である自分の車(多くは国産のミニバン)の中でセックスしたり、公園のトイレ、野山などのアウトドアで性行為を重ねているようです。不況はカップルの青姦率を高めるのですね。

さらに、スマホの普及で、「いつでもエロ動画が見られるようになったこと」も青姦の増加に一役買っているとか。野外露出系のエロ動画を見たら、ついつい青姦をしてみたくなっちゃいますよね!彼女にもエロ動画を見せて、その気にさせるのも簡単。スマホというツールの登場によって、「青姦は格段にやりやすくなった」と言えるかもしれません。


青姦の魅力とは




青姦の魅力に憑りつかれた人たちは、一体何を求めているのでしょうか。まず真っ先に考えられるのは非日常性です。普段は人目を避けて行う行為を、わざわざ見られる可能性のある場所で行うわけですから、日常では味わえない感覚を得られます。

ここでは実際に青姦を行ったことがある人たちの口コミも見ながら、青姦の魅力について詳しく解説していきます。


①周囲にバレないかとドキドキして行うスリル


青姦による性的興奮は主に二つの種類に分けられます。一つ目は、野外でセックスすることによって、周囲の人にバレてしまうのではないかと直接的にハラハラする刺激によるもの。青姦がバレれば『わいせつ罪』に当たりますから、そのスリルはかなり大きいと言えるでしょう。




そうです、決して見せたいわけではないんですね。見られるかもしれないというドキドキが青姦の大きな魅力なのです。








②イケナイことをしているという背徳感


もう一つは、日常生活を営む場において性行為を行うという背徳感によるものです。本来なら子供たちが遊ぶべき公園などの屋外で、セックスをしたり、みだらな行為に及ぶことで、罪悪感を得て楽しむのです。これは若干ねじれた欲望と言わざるを得ませんが、そういった嗜好を持つ人にはたまらない魅力が感じられるものなのです。





コソコソやるというのが青姦のもう一つの魅力です。これはオナニーをこっそりやるのと同じです。見せるのが目的でオナニーすることはほぼないですよね。





普段まともな日常を送っているところだと、青姦プレイの興奮度が一気に高まりますね。本能と欲望に負けてしまうことに背徳感を感じてしまいます。


③絶景を味わいながら行う開放感


F Iさん(@iku0925)がシェアした投稿 -


スリルや背徳感以外にも青姦をしたくなる理由があります。性的興奮とはちょっと違った感覚を味わえるという点から、さらに二つの魅力をお伝えします。まずは絶景を味わいながら行う開放感に満ちた青姦です。

自然と一体化することで、日常では感じられない圧倒的な開放感を得られます。特に夕焼けが綺麗なビーチなどでは、雰囲気も一層高まりますね。ヌーディストビーチに通う人たちも同じような感覚を持っているようです。

関連記事:【画像あり】美女が集まる「ヌーディストビーチ」ランキングTOP20





ビルの隙間や公園での青姦に比べて、自然の中でやるセックスは開放感が全く違います。まさに生物として本能のままにやっている感じがいいですね。





青姦に魅せられるのは先祖からのDNAが影響しているのかもしれません。確かに大昔は青姦がマストだったはずです。いつから羞恥心が芽生えたのか気になりますね。


  • 1
  • /
  • 7
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る