1
ドキドキ感がたまらない!青姦(あおかん)のやり方と注意点

ドキドキ感がたまらない!青姦(あおかん)のやり方と注意点

181,202 views

いつものセックスがマンネリなら思いきって「野外セックス」にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。今回はpanpan編集部がドキドキ感がたまらない!青姦(あおかん)のやり方と注意点をご紹介しちゃいます!


青姦(あおかん)とは


青姦(あおかん)とは
「青姦(あおかん)」と言うのは、その名の通り「青空の下で行う性行為」のことで、ラブホテルが普及する1965年頃までは、現在よりもかなり多くのカップルに行われていたようです。現在では、普通のセックスでは得られない刺激や興奮を得るために行われています。AVやアダルトゲームの影響で、こうした野外セックスを嗜好する人も増えているようです。


青姦(あおかん)にはエロ動画や不況も関係しているって本当?


また、最近は単に「お金がなくてラブホテルが利用できない」というカップルも増加している模様。こうしたカップルは親元で暮らしている率も高く、自宅でのセックスは難しいことから、せめてものプライベート空間である自分の車(多くは国産のミニバン)の中でセックスしたり、公園のトイレ、野山などのアウトドアで性行為を重ねているようです。不況はカップルの青姦率を高めるんですね。

さらに、スマホの普及で、「いつでもエロ動画が見られるようになったこと」も青姦の増加に一役かっているとか。野外露出もののエロ動画を見たら、ついつい青姦をしてみたくなっちゃいますよね!彼女にもエロ動画を見せて、その気にさせるのも簡単。スマホというツールの登場によって、「青姦は格段にやりやすくなった」といえるかもしれません。


青姦(あおかん)の魅力





ちなみに、青姦による性的興奮は主に二つの種類に分けられます。一つ目は、野外でセックスすることによって、周囲の人にバレてしまうのではないかと直接的にハラハラする刺激によるもの。青姦がバレれば『わいせつ罪』に当たりますから、そのスリルはかなり大きいと言えるでしょう。

もう一つは、日常生活を営む場において性行為を行うという背徳感によるものです。本来なら子供たちが遊ぶべき公園などの屋外で、セックスをしたり、みだらな行為に及ぶことで、罪悪感を得て楽しむのです。これは若干ねじれた欲望と言わざるを得ませんが、そういった嗜好を持つ人にはたまらない魅力が感じられるものなのです。


青姦(あおかん)の注意点(公然わいせつ罪・盗撮・性病)





青姦をする際に、もっとも注意して徹底するべきなのは、「人目に触れないようにすること」です。見つかって通報されてしまった場合は、最悪の場合『わいせつ罪』として逮捕されてしまうこともあるからです。また、もし見られたのが、ヤンキーやヤクザ、チンピラなどの悪人だった場合、その場でからまれてしまう事もありますし、こっそり盗撮されて、それをダシに後々脅されてしまうと言うこともあるかもしれません。また、一旦盗撮されてしまうと、映像や画像がインターネットにアップされる可能性に怯え続けなければなりません。それが職場や家庭にバレて、人生が台無しになることもありますので、野外セックスをする時は、周囲の目に気をつけましょう。

また、青姦には別のリスクもあります。特に、その場の雰囲気に流されて青姦に至ってしまった場合は、妊娠や性感染症のリスクが高くなります。清潔ではない場所でセックスをしてしまうと、ペニスや膣にばい菌が入り、深刻な状況に陥ってしまうこともあります。情熱にまかせたセックス、コンドームなしのセックスは危険性が高いので、避けた方が良いでしょう。野外セックスをする時は、必ず事前に計画をして、コンドームを使用して行うようにすると良いでしょう。


青姦(あおかん)しやすい場所





リスクを理解した上で、青姦を行う場合は、「青姦しやすい場所、安全な場所」を確保しましょう。なるべく見つかっても逮捕されたりしない場所を選ぶのがコツです。自分のうちの庭や友人、知人の家の庭などであれば、見つかっても注意されたりするだけで済む場合もあります(友人、知人には事前に断ってから行いましょう)。ただし自分のうちの庭でセックスしているところを目撃されてしまったら、その後、周辺の家から変態が住んでいると思われたり、嫌がらせを受ける場合もありますので注意しましょう。

他に、青姦しやすい場所と言えば、「公衆トイレ」があります。トイレであれば、鍵もかかりますし、一応のプライベートスペースが確保できます。盗撮される恐れも低くなります。ただし″青姦(あおかん)の注意点″の項でも述べたように、公衆トイレにはばい菌やウイルスが多く存在し、そこでセックスをすれば、それらの病原菌に感染する確率も高くなります。あまりに不潔な環境でのセックスは避けた方が良いでしょう。また、身体障害者用のトイレを利用するのは、かなり人道的に問題があります。体が不自由な人に迷惑がかからないよう、身体障害者用トイレの使用はやめましょう。


青姦(あおかん)にむいていない場所


ちなみに、「公園」での青姦はオススメできません。なぜかと言うと、「公園」は誰にでもオープンな公共スペースであるため、多くの人が利用する場所だからです。たとえ夜であっても発見されてしまう可能性が高く、危険です。木陰などでセックスをしていると、同じように青姦しようとしてやってきたカップルと遭遇する、なんてこともあるかもしれません。また、ヤンキーやチンピラなどの悪人は、公園などでたむろする習性があります。セックスをしていたら、取り囲まれて…なんて、漫画や小説のような大ピンチに陥ってしまうこともあるかもしれませんので、注意しましょう。

どうしても「野外」にこだわりたいなら、山や海などの誰もいないスポットを探すと良いでしょう。自然に還ってセックスする楽しみは、日常生活ととなりあわせのスリルを味わうよりも気持ちが良いかもしれません。ただし、こうした誰もいないような自然の中、というのは、逆に自然そのものが驚異になる場合があります。動物や虫に襲われたり、崖くずれ、遭難などには十分に注意しましょう。無防備な格好での登山なども命にかかわりますので絶対に止めましょうね。


どうしても公園で青姦(あおかん)したい人におすすめの場所は?


さて、そうはいってもやっぱり手軽に公園でエッチしたい!人が通るかもしれないというスリルを味わいたい人もいるでしょう。今回は特別に、そういう困ったカップルにおすすめの公園を探してみました。公園は通行人に見つかるリスクが高く、見つかれば公然わいせつ罪にとわれることもある、ということを頭にいれて自己責任で行為を行うようにしてくださいね。


野外エッチの聖地『世田谷区砧公園』


青姦の専門サイトによると、もっとも野外エッチに適しているのは世田谷区にある「砧公園」だそうです。砧公園は1957年に開園した歴史ある公園で、敷地面積は約391,262㎡。都内とは思えぬ広さを誇ります。その広大な敷地にはピクニックに最適な芝生広場をはじめ、たくさんの植樹があり、日中は家族連れやデートをするカップルで賑わいます。

が、夜になると人気はぐっと少なくなります。街灯やライトアップもないので、あたりは暗く、まさに青姦にぴったりの雰囲気になります。植樹の陰など死角も多いのが特徴です。確かに、これはかなり大胆な露出をしてもばれないかも…って感じです。一説では「野外セックスの聖地」とも呼ばれているらしいですが、納得です。

ただし、青姦の聖地だけあって、覗きをしに訪れる輩も多いそうです。最近は暗視スコープを使って行う本格的な覗きも横行しているようなので、青姦する時はかなり注意深く周囲に気を配ることを忘れずに。


死角の数は都内屈指の『大田区平和の森公園』


『大田区平和の森公園』は、そのなのとおり大田区にある森林公園です。フィールドアスレチックがあることでも有名な公園ですので、近隣に住んでいる方なら、子供時代を含め一度くらいは訪れたことがあるのではないでしょうか。敷地面積は 約99,000 m²と広く、園内には見晴らし広場をはじめ、池やテニスコート、アーチェリー場などがあります。

この公園も昼間は多くの区民や周辺住民で賑わいますが、夜は閑散としています。さらに建物や植樹が多いので、死角がたくさんあり、青姦するのにぴったり。訪れれば、あなたもいちゃつくカップルの姿を目撃することができるかもしれません。どこか怪しい雰囲気に彼女もついつい興奮しちゃうかも…?


青姦(あおかん)に必須の持ち物


ではここで、青姦をする時に必要な持ち物をご紹介します。青姦は野外での開放感を味わうものだとは言っても、手ぶらで行って行うと、妊娠などの思わぬ結果につながりかねません。やはり最低限の準備は必要です。


コンドーム


まず、絶対に大事なのはコンドームです。青姦の場合は特に、いつもより興奮してしまいがちです。しかしコンドームを装着せずに挿入してしまうのは絶対にNG。コンドームは取り出しやすいポケットなどに常備して、チャンス到来の際にすぐに装着するようにしましょう。もちろん最初は生で挿入して、フィニッシュだけつける…なんて方法もダメですよ。妊娠の危険を回避するためには、コンドームは挿入の最初から装着するようにしましょうね。


虫除けスプレー


他に準備したいものと言えば、虫除けスプレーです。野外で挿入している時に耳元で「プーン」なんて蚊の音がしたら、セックスに集中できませんよね!彼女からも「ちょっと、虫がいっぱいいるから止めて!」なんて、中断されちゃうかも。局部周辺を刺されるのももちろん嫌ですよね。それらを防ぐためにも、虫除けスプレーは必須です。良い雰囲気になる前にしっかり虫除けしておけば、大事な時に邪魔されることはありません。また、もっと本格的な野外なら、蚊取り線香を炊くのも効果的です。


レジャーシート


他に、レジャーシートも準備しておくと便利です。レジャーシートはもちろん、横になってセックスするための装備です。手軽な公園などでの野外セックスですと、立ちバックあたりが基本の体位かもしれませんが、機会があれば横になって本格的なセックスもしてみたいですよね。山奥など、本当に誰もいない場所でなら、そんなチャンスもあるかもしれません。そういった場所に出かける時は、レジャーシートは持っていた方が良いでしょう。ちなみに、レジャーシートは寝転んでも痛くないような、なるべく厚みのあるタイプがベストです。


ゴミ袋


さらに忘れてはいけないのがゴミ袋です。これは使用したコンドームをいれる用です。使用済みコンドームのポイ捨ては絶対にいけません。特に公園など、日中子供が遊ぶような場所に使用済みコンドームを捨てるのは人道的にアウトと言えるでしょう。彼女にも嫌われちゃいますよ。しっかりゴミ袋を携帯して、コンドームはしっかり持ち帰りましょう。それがせめてもの青姦のマナーですよ。

いかがでしたか?青姦に必須の持ち物を紹介しましたが、これらの持ち物は、「今日は青姦しよう!」と思って出かける時はもちろん、彼女とのデートの時はいつでも持ち歩くことをおすすめします。いつ青姦のチャンスが到来するかは、神のみぞしる、ですからね。備えあれば嬉しなしです。


青姦(あおかん)のやり方





では最後に、以上のようなことに配慮しながら、実際に青姦を行う場合のやり方についてご説明します。まずは、パートナーに合意を求めましょう。青姦と言うと「姦」の文字から、レイプまがいの事を想像してしまいますが、もちろん、そんなことをすれば訴えられてしまいます。青姦には、セックスパートナーや恋人の了承が不可欠なのです。

パートナーからの了承が取れたら、ある程度場所を確保しておきます。公衆トイレなどでも、あまり人が来なくて、バレにくく清潔な場所を探しましょう。デパートなどでも、人気がないフロアなどだと、案外誰も来なくて穴場だったりします。

場所を決めたら、なるべくセックスがしやすい服装をして出かけましょう。青姦を成功させるには、スピードも重要です。早く終わらせれば終わらせるほど、見つかる恐れは軽減します。女性がミニスカート、男性が下げやすいズボンで出かければ、すぐに挿入でき、便利です。ただし、下着も履かずに出かけるのはさすがにやりすぎです。女性の場合、盗撮や痴漢にあうなどの危険もあるので、下着はキチンを装着しておきましょう。先ほども述べたとおり、もちろんポケットにはコンドームをお忘れなく

いかがでしたか?今回は″青姦(あおかん)のやり方と注意点″をご紹介しました!やるかやらないかは別として、青姦をしようと言う気持ちでパートナーと街に出るだけでも、興奮しちゃいますよ!ぜひ試してみてください。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

〇関連記事
興奮するけど気をつけて!野外セックスのリスク4つ
野外セックス、基本の「き」 (断られない誘い方から、注意すべきこと)



【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗だと安くても1万円はかかります。プラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかります。高いですよね。

”ある方法”を使うとセックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。もっと安く簡単にエロい女とセックスができます。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

女性は男性以上に性欲があります。女性は社会性が高く、友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールが他の出会い系と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。セフレ探し、不倫相手探し、一夜限りの相手探しなど、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。
Jメール

jmailgirlvo04

全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会って即セックスもいいですし、カラオケなどでキスや乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しい。

女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます。

筆者は、メッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、そのままホテルで即セックス。

次々と会えるので、可愛くて、エロくて、軽いノリの子をセフレにしましょう。ガンガンセックスしましょう。

deaipoint01


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールスタートダッシュキャンペーン

無料ポイント1000円で、十分女の子と出会うことは出来ますが、4~5人と連絡先を交換して好みの女の子を吟味するなら、無料ポイントでは厳しいです。
1発目のアポで、理想のヤリマン美女とアポが取れるとは限らないので、Jメールで遊び尽くすには、課金して複数の女とヤリまくったほうが良いです。

そこでオススメなのが、現在開催中の600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンです。期間中の今なら、かなりオトクにポイントが買えます。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするべきです。

たった3000円程度の投資で、10人位セフレが作れちゃいます。セフレなら、一生タダでセックスできます。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

deaipoint01

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓

JメールAD14
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る