1
明日すぐヤレる!「青姦」のやり方・注意点・おすすめスポットまとめ

明日すぐヤレる!「青姦」のやり方・注意点・おすすめスポットまとめ

258,034 views

いつものセックスがマンネリ化していませんか?変化を求めたいなら思いきって「野外セックス」にチャレンジしてみるのも1つの手です。今回はpanpan編集部がドキドキ感がたまらない!青姦(あおかん)のやり方と注意点をご紹介しちゃいます!野外セックスしやすいスポットもこっそりお教えしますね。


青姦(あおかん)とは


青姦(あおかん)とは
「青姦(あおかん)」と言うのは、その名の通り「青空の下で行う性行為」のことです。青は「青空」のことですが、夜に行っても青姦といいます。ラブホテルが普及する1965年頃までは、現在よりもかなり多くのカップルが行っていたようです。

現在では、普通のセックスでは得られない刺激や興奮を得るために行われている場合もあります。AVやアダルトゲームの影響で、こうした野外セックスを嗜好する人も増えているようです。


青姦(あおかん)にはエロ動画や不況も関係しているって本当?


また、最近は単に「お金がなくてラブホテルが利用できない」というカップルも増加している模様。こうしたカップルは親元で暮らしている率も高く、自宅でのセックスは難しいことが多いです。

そのため数少ないプライベート空間である自分の車(多くは国産のミニバン)の中でセックスしたり、公園のトイレ、野山などのアウトドアで性行為を重ねているようです。不況はカップルの青姦率を高めるんですね。

さらに、スマホの普及で、「いつでもエロ動画が見られるようになったこと」も青姦の増加に一役買っているとか。野外露出もののエロ動画を見たら、ついつい青姦をしてみたくなっちゃいますよね!彼女にもエロ動画を見せて、その気にさせるのも簡単。スマホというツールの登場によって、「青姦は格段にやりやすくなった」といえるかもしれません。


青姦の魅力とは


青姦の魅力に憑りつかれた人たちは、一体何を求めているのでしょうか。まず真っ先に考えられるのは非日常性です。普段は人目を避けて行う行為を、わざわざ見られる可能性のある場所で行うわけですから、日常では味わえない感覚を得られます。

ここでは実際に青姦を行ったことがある人たちの口コミも見ながら、青姦の魅力について詳しく解説していきます。


①周囲にバレないかとドキドキして行うスリル


青姦による性的興奮は主に二つの種類に分けられます。一つ目は、野外でセックスすることによって、周囲の人にバレてしまうのではないかと直接的にハラハラする刺激によるもの。青姦がバレれば『わいせつ罪』に当たりますから、そのスリルはかなり大きいと言えるでしょう。




そうです、決して見せたいわけではないんですね。見られるかもしれないというドキドキが青姦の大きな魅力なのです。








②イケナイことをしているという背徳感


もう一つは、日常生活を営む場において性行為を行うという背徳感によるものです。本来なら子供たちが遊ぶべき公園などの屋外で、セックスをしたり、みだらな行為に及ぶことで、罪悪感を得て楽しむのです。これは若干ねじれた欲望と言わざるを得ませんが、そういった嗜好を持つ人にはたまらない魅力が感じられるものなのです。





コソコソやるというのが青姦のもう一つの魅力です。これはオナニーをこっそりやるのと同じです。見せるのが目的でオナニーすることはほぼないですよね。





普段まともな日常を送っているところに、青姦を挟むと興奮度が一気に高まりますね。本能と欲望に負けてしまうことに背徳感を感じてしまいます。


③絶景を味わいながら行う開放感


F Iさん(@iku0925)がシェアした投稿 -


スリルや背徳感以外にも青姦をしたくなる理由があります。性的興奮とはちょっと違った感覚を味わえるという点から、あと二つ魅力をお伝えします。まずは絶景を味わいながら行う開放感に満ちた青姦です。

自然と一体化することで、日常では感じられない圧倒的な開放感を得られます。特に夕焼けが綺麗なビーチなどでは、雰囲気も一層高まりますね。ヌーディストビーチに通う人たちも同じような感覚を持っているようです。

関連記事:【画像あり】美女が集まる「ヌーディストビーチ」ランキングTOP20





ビルの隙間や公園での青姦に比べて、自然の中でやるセックスは開放感が全く違います。まさに生物として本能のままにやっている感じがいいですね。





青姦に魅せられるのは先祖からのDNAが影響しているのかもしれません。確かに最初は青姦だったはずです。いつから羞恥心が芽生えたのか気になりますね。


④マンネリ打破の効果


そして青姦のメリットとして挙げられるのがマンネリの打破です。いつも同じ場所で同じようなセックスをしていたら、飽きてしまいますよね。ラブホを変えるだけでも違いますし、プレイスタイルを少し変えるだけでも効果的です。

しかしもっと大きな変化が欲しいというときには、青姦がおすすめです。なぜなら見られるかもしれないという、第三者の目がそこにあるからです。二人きりでは味わえない興奮が、青姦では楽しめるのです。





青姦はセックスのスパイスですね。たまには違った味のものが食べたくなるように、セックスも一味違ったことをしたくなります。





どうやってこの情報を知りえたのか気になりますが、既婚カップルでもマンネリ解消のために青姦をしているようですね。


青姦を行う前に抑えておくべき注意点


このように魅力に溢れている青姦ですが、注意すべき点もいくつかあります。欲望のままに青姦をして、後から後悔することのないように、リスクと対策を抑えておきましょう。


公然わいせつ罪として逮捕される危険性がある


青姦をする際に、もっとも注意して徹底するべきなのは、「人目に触れないようにすること」です。見つかって通報されてしまった場合は、最悪の場合『わいせつ罪』として逮捕されてしまうこともあるからです。


AVの撮影でも過去に実際に逮捕されてしまった案件があります。自分たちはそんなつもりじゃなかったと言っても、法律には逆らえませんので、万が一見られたり通報された場合にどう動くかをシミュレーションしておいた方がいいですね。

10月30日に公然わいせつの容疑で愛知県警中村署に逮捕されたのは、アダルトビデオ監督(39)、病院職員(56)、神戸市の女子大学生(20)の3容疑者。9月15日午後5時45分ごろ、名古屋市中村区の公園で、スタッフとともに撮影していたところを一般市民に通報されたという。
引用:エキサイトニュース






境目がかなり判断しにくい部分がありますが、公園のような場所ではかなりリスクが高まってしまいますね。





経験者からのありがたいアドバイスです。隠れているつもりでも、声が漏れてしまって発覚してしまうケースもあるんですね。


盗撮されてしまう可能性がある


また、もし見られたのがヤンキーやヤクザ、チンピラなどの悪人だった場合、その場で絡まれてしまう事もありますし、こっそり盗撮されて、それをダシに後々脅されてしまうということもあるかもしれません。

また、一旦盗撮されてしまうと、映像や画像がインターネットにアップされる可能性に怯え続けることになります。それが職場や家庭にバレて、人生が台無しになることもありますので、野外セックスをする時は、周囲の目に気を付けましょう。





現在はドローンの技術もかなり向上し、青姦の盗撮目的で使用されることもあります。また、偶然映ってしまうことも十分考えられますね。





青姦に夢中になりすぎると、周りが全く見えなくなってしまうこともあります。ほどほどの緊張感を持って臨むようにしましょう。


性病にかかる危険性が増す


また、青姦には別のリスクもあります。特に、その場の雰囲気に流されて青姦に至ってしまった場合は、妊娠や性感染症のリスクが高くなります。清潔ではない場所でセックスをしてしまうと、ペニスや膣にばい菌が入り、深刻な状況に陥ってしまうこともあります。

情熱に任せたセックス、コンドームなしのセックスは危険性が高いので、避けた方が良いでしょう。野外セックスをする可能性が少しでもあるなら、コンドームを常に携帯しておくといいですね。





こういった人も中にはいますが、この気持ちが性病を蔓延させていく原因になります。皆さんはしっかり対策を行ってくださいね。





自分では綺麗な状態だと思っていても、人の体には多くの細菌が住んでいます。ゴムだけでなくウェットティッシュなども準備しておきましょう。


いよいよ青姦へ!まずはパートナーの了承を得よう


青姦の魅力やリスクを抑えたところで、いよいよ青姦をやっていきます。しかし、パートナーの同意がなければ実行に移すのは困難になってしまいます。相手の同意を得られるよう、青姦の準備を整えていきましょう。

了承を得るために最も必要なのは「安心」です。不安が少しでもあると青姦に集中できません。準備をしっかりと行っていることや青姦の魅力を伝えましょう。初めてならフェラなど簡単にできるものから始めてもいいですね。

少しずつプレイの幅を広げていけば、パートナーも慣れてきますし、興奮度も右肩上がりになります。まずは最初の1回が大事なので、パートナーとしっかり合意して無理をさせないようにしましょう。


次に安全な場所を探そう

行き当たりばったりの青姦もいいものですが、安全な場所をあらかじめ把握しておくことで、様々なリスクを回避できます。安全な場所だと分かっていれば、パートナーの了承も格段に得やすくなります。


野外セックスしやすい場所





リスクを理解した上で、青姦を行う場合は、「青姦しやすい場所、安全な場所」を確保しましょう。なるべく見つかっても逮捕されたりしない場所を選ぶのがコツです。自分の家の庭や友人、知人の家の庭などであれば、見つかっても注意されたりするだけで済む場合もあります(友人、知人には事前に断ってから行いましょう)。ただし自分の家の庭でセックスしているところを目撃されてしまったら、その後、周辺の家から変態が住んでいると思われたり、嫌がらせを受ける場合もありますので注意しましょう。

他に、青姦しやすい場所と言えば、「公衆トイレ」があります。トイレであれば、鍵もかかりますし、一応のプライベートスペースが確保できます。盗撮される恐れも低くなります。ただし″青姦(あおかん)の注意点″の項でも述べたように、公衆トイレにはばい菌やウイルスが多く存在し、そこでセックスをすれば、それらの病原菌に感染する確率も高くなります。あまりに不潔な環境でのセックスは避けた方が良いでしょう。また、身体障害者用のトイレを利用するのは、かなり人道的に問題があります。体が不自由な人に迷惑がかからないよう、身体障害者用トイレの使用はやめましょう。




野外セックスに向いてない場所


ちなみに、「公園」での青姦はオススメできません。なぜかと言うと、「公園」は誰にでもオープンな公共スペースであるため、多くの人が利用する場所だからです。たとえ夜であっても発見されてしまう可能性が高く、危険です。木陰などでセックスをしていると、同じように青姦しようとしてやってきたカップルと遭遇する、なんてこともあるかもしれません。

また、ヤンキーやチンピラなどの悪人は、公園などでたむろする習性があります。セックスをしていたら、取り囲まれて…なんて、漫画や小説のような大ピンチに陥ってしまうこともあるかもしれませんので、注意しましょう。

どうしても「野外」にこだわりたいなら、山や海などの誰もいないスポットを探すと良いでしょう。自然に還ってセックスする楽しみは、日常生活ととなりあわせのスリルを味わうよりも気持ちが良いかもしれません。

ただし、こうした誰もいないような自然の中というのは、逆に自然そのものが驚異になる場合があります。動物や虫に襲われたり、崖くずれ、遭難などには十分に注意しましょう。無防備な格好での登山なども命にかかわりますので絶対に止めましょうね。




どうしても公園で青姦(あおかん)したい人におすすめの場所は?


さて、そうはいってもやっぱり手軽に公園でエッチしたい!人が通るかもしれないというスリルを味わいたい!という人もいるでしょう。今回は特別に、そういう困ったカップルにおすすめの公園を探してみました。公園は通行人に見つかるリスクが高く、見つかれば公然わいせつ罪に問われることもある、ということを頭にいれて自己責任で行為を行うようにしてくださいね。


野外エッチの聖地『世田谷区砧公園』


ゆっぽさん(@yuppojjc)がシェアした投稿 -


青姦の専門サイトによると、もっとも野外エッチに適しているのは世田谷区にある「砧公園」だそうです。砧公園は1957年に開園した歴史ある公園で、敷地面積は約391,262㎡。都内とは思えぬ広さを誇ります。その広大な敷地にはピクニックに最適な芝生広場をはじめ、たくさんの植樹があり、日中は家族連れやデートをするカップルで賑わいます。

が、夜になると人気はぐっと少なくなります。街灯やライトアップもないので、あたりは暗く、まさに青姦にぴったりの雰囲気になります。植樹の陰など死角も多いのが特徴です。確かに、これはかなり大胆な露出をしてもばれないかも…って感じです。一説では「野外セックスの聖地」とも呼ばれているらしいですが、納得です。

ただし、青姦の聖地だけあって、覗きをしに訪れる輩も多いそうです。最近は暗視スコープを使って行う本格的な覗きも横行しているようなので、青姦する時はかなり注意深く周囲に気を配ることを忘れずに。




死角の数は都内屈指の『大田区平和の森公園』


こ の みさん(@kono_0305)がシェアした投稿 -


『大田区平和の森公園』は、その名の通り大田区にある森林公園です。フィールドアスレチックがあることでも有名な公園ですので、近隣に住んでいる方なら、子供時代を含め一度くらいは訪れたことがあるのではないでしょうか。敷地面積は 約99,000 m²と広く、園内には見晴らし広場をはじめ、池やテニスコート、アーチェリー場などがあります。

この公園も昼間は多くの区民や周辺住民で賑わいますが、夜は閑散としています。さらに建物や植樹が多いので、死角がたくさんあり、青姦するのにぴったり。訪れれば、あなたもいちゃつくカップルの姿を目撃することができるかもしれません。どこか怪しい雰囲気に彼女もついつい興奮しちゃうかも…?




SEXしやすい海(ビーチ)はココ!


開放感に溢れた場所、それは何といっても海です。水着姿にムラムラしたり、海の雰囲気でエロい気分が高まります。外せない青姦スポットといえるでしょう。ここではSEXしやすい海(ビーチ)をご紹介していきます。


お台場海浜公園


Kyoji Fujisawaさん(@capedesign)がシェアした投稿 -


レインボーブリッジや東京都心の夜景を見ることができるお台場海浜公園。雰囲気を作るにはもってこいの場所です。人が多くて青姦なんてできないんじゃないの?と思う方もいると思いますが、意外とヤッているカップルがいます。





もちろんデートスポットになっているエリアは夜でも明るいので、ちょっと離れた場所に移動する必要はあります。隣接している台場公園辺りは植樹もされているので、隠れやすいスポットとなっています。

また、同じく隣接している潮風公園にある船の形をした遊具「しおかぜ丸」も青姦できるようです。お台場海浜公園周辺だけでも青姦できるスポットが意外と多いことが分かりますね。

昼間は子供で賑わってるのかな?と思うのですが、夜は真っ暗。
特に1階はまわりが囲まれていて、外からも見えにくいので
絶好の結合スポット!
1回、ちょっと雨が降ってる日に来たけど、
ちょっと濡れるくらいで無事結合できました。
引用:こうえんだいすき



葛西臨海公園


yorkie☆さん(@yorkie_2yan)がシェアした投稿 -


東京都江戸川区に所在する、東京湾に面した葛西臨海公園も青姦できるスポットとなっています。近隣には葛西臨海水族園や鳥類園もあるので、暗くなるまでデートを楽しみ、その後で青姦に発展させるといいですね。




茂みやちょっとした林があり、街灯はあるものの奥の方は真っ暗なので、奥の方へ行けば青姦できるチャンスがあります。ただ、スポットとして有名になっているので、見学に来ている人も多いようです。盗撮などには気を付けましょう。






須磨海岸


🏝A T S U Y A🏝さん(@akkungram)がシェアした投稿 -


神戸市須磨区にある、阪神間で最大の海水浴場の須磨海岸でも青姦ができるようです。海水浴シーズンには女性をナンパする人も多く、ナンパスポットとしても知られています。ナンパからそのまま青姦の流れがあるようですね。






また、少し離れた場所にも青姦スポットが存在しています。こちらも有名なスポットとなっているので、人目につかない場所を選び、周囲の状況を監視する必要はあります。どこの青姦スポットでもこれは同じですね。





  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る