1
EDの治療ならやっぱり病院!誰にも聞けない治療の最新実情

EDの治療ならやっぱり病院!誰にも聞けない治療の最新実情

2,318 views

「最近Hへの気が乗らない」「もしかしてEDでは?」と思ったあなた。悩んでいる人はあなただけではありません。誰にでも聞けない恥ずかしい悩みだからこそ、EDの最新治療の内容を詳しく見ていきましょう。


そもそもEDとは?


そもそもEDとは?
英語だとよくわかりませんよね。EDとは、インポネンツのこと、つまり勃起不全のことを指しています。障害としては、性交渉をするための十分な勃起が得られ ない状態、または勃起を維持できずに性交為ができない状態を指します。

その原因としては、糖尿病などの病気によるケースや、性交渉に限らず仕事やストレス、プレッシャーやコンプレックスなどの精神的な要因が挙げられます。最近では、「Erective Dysfunction」の頭文字をとって、EDと略されており、生活習慣病の一部にもなっているようです。


EDになる可能性と治療の目安


EDになる可能性と治療の目安
EDの定義として、「3か月以上満足な性交渉を得られていない状態」を指します。しかし3か月未満でも以前と比べて、性交渉に打ち込めず楽しめない、異変が続く場合は、EDの定義に限らず診てもらうのが好ましいでしょう。

現在、日本の男性の4人に1人がEDの症状に悩んでいるというデータもあるほどです。専門のクリニックに行けば、1人で悩む必要はありません。一部のケースを除いて、EDはどんなケースでも治療できることが多く、完治できることもあります。


いざクリニックへ。診てもらう時の注意点は?


現在、ED専用のクリニックは数多くあります。診察予約は基本要らないクリニックが多く、受付も男性が担当しているようです。お問い合わせは電話だけでなく、ホームページのフォームなどで簡単にできますよ。

また、保険証も必要ありません。ED治療は保険診療には当たらないからだそうです。注意点としては、日常的に服用している薬があるなら、「お薬手帳」を持参した方がいいでしょう。

EDの治療薬は基本的に安全な薬なのですが、心臓病の治療薬や、その他ごく一部に併用を避けたほうがいい薬もあるからです。また医療費の通知が、自宅や会社に届くこともありませんのでご安心ください。


EDの診察について


基本的にEDの診察は無料で、病状などを聞く問診のみです。何か心配事や相談があれば、遠慮なく話すといいかもしれません。実際、診察時に悩みを話すと安心したり、気分がすっきりした方もいるほどです。また、特別な診察もありませんし、5分ほどで終わることもあります。

しかし、問診の結果次第で、EDの治療薬が処方された場合、またクリニックでの診察が難しく大病院への紹介状が書かれた場合は有料になります。EDの治療薬はクリニック内で処方されるので、わざわざ処方箋は院外に持っていき、薬をもらう必要はありません。


EDの治療薬シェアについて


友人にEDで困っている人がいる、病状が似ている知人がいるからと言って、個人的な判断で、その処方されたEDの治療薬を他人とシェアするのは、やめたほうがいいでしょう。

いくら安全なEDの薬だからと言っても、クリニックで診察を受けていない本人以外が服用すると、思わぬ副作用が引き起こしかねないからです。必ず医師の診断のもと、個人に合ったEDの治療薬を服用することをおすすめします。


いかがでしたか?誰にも聞けないED治療は、恥ずかしいものではなかったですね。これを機に、EDに悩んでいる方、クリニックに行ってみてはいかがでしょうか?以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◎関連記事
インポってなに?インポテンツの定義や原因、対処法を徹底伝授
知らないとインポになるかも!正しいオナニーのやり方

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスが上手くなって女性を思う存分感じさせたい。

セックステクを上達させるためには経験人数を増やすことが一番の近道です。

でも、風俗で本番セックスすると安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。月に何度もいける値段ではないですよね。

そこで「メール一本でセックスの練習相手になってくれる都合の良いセフレがいたら良いのに」と思ったことはありませんか。相手の家や近所の漫喫、カラオケボックスでお試しセックス。

実はこう考えているのは、男性だけでなく女性も同じなんです。

【風俗消滅】"セックスの練習相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

イクことを覚えた女性は男性以上に強い性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にするため、日常生活では性欲を隠していて、ネットでこっそり募集しているんです。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っているアダルトサービスがあると暴露して話題になっていたのを覚えていますか?


女性がセックス相手を募集するために使われているのが、匿名で出会えるASOBO【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流でした。

ASOBOだと、最初からセックスすることが目的なので余計なデートは一切必要ないんです。

ASOBOでセックス目的の女性と出会える理由

ASOBOは他のアダルト系サイトに比べて男性の数が少なく、セックス待ちの女性が大量に溢れていることが特徴のため、速攻で出会えます。試しにASOBOに登録したら、まず掲示板内の「今すぐ遊ぼう」を見てみてください。


全国の即会い希望の女性から、今すぐセックス希望の書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。掲示板に書き込んでいる女性のほとんどは、駅前のカフェなどで『セックス待ち』している状態なのです。


よりじっくりの女の子を吟味したい場合は、検索設定から住んでる場所や、好みの写真を一枚ずつチェックします。パンチラやおっぱいもろ出し、オナニー自撮りなどなんでもアリです。プロフを見るだけでもオナニーが捗りますが、ここはグッと堪えて本番セックスに持ち込みましょう。

会う場所は近くの駅前に呼び出します。その後はホテルでもOKですが、ホテル代節約のためカラオケや満喫、公衆トイレでエッチすることが多いです。

ASOBOがエロい女性に大人気の理由

ASOBOは18年間も運営をしている老舗マッチングサイトで登録者はなんと600万以上!なぜこんなに女性が多いのでしょうか。

・完全に匿名で出会うことが出来るため知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告多数掲載
・ananやGlitterなど人気の女性誌で話題

と女性の間で知名度が高く、安心して使えるからだそうです。


ぶっちゃけいくらでセックス出来る?ASOBOを使えば500円でセックスできた!

結論として私は5000円課金して7人と14回セックスすることができました。1人目は長くメールでエロい話をしてしまったため1000円位かかりましたが、即会いしようと思えば1人500円くらいでいくらでもセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとASOBOに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが抜群に良いんです。


たった1ヶ月でセックステクの上達がすごい!女性を100%イカせるテクが身についた!

私はASOBOを使うまでは経験人数1人でしたが、1ヶ月で7人といろんなセックスを試してみることで、今までとは比べ物にならないセックステクとセックスに対する自信を手に入れることができました。

経験値の浅い男性を好む女性が多く、「感じる場所」や「力加減」などを優しく教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくても手マンで100%イカせることができるようになりました。

ASOBOのたったひとつの注意点!年齢確認をすぐに済ませよう!


ASOBOは法律を守っているサイトなので、18歳未満の利用を禁止しています。そのため年齢確認が必須となっています。

といっても身分証の写真をメールで送るだけなので超カンタンです。1分で完了します。

年齢確認せずに女性メールを送ると、女性の返信を見ることができずにセックスチャンスを逃してしまうので、登録後すぐに年齢確認を済ませておくように気をつけてくださいね。

今だけ限定!1000円分のプレゼントキャンペーン実施中!

毎年ASOBOは年末に女性が増えすぎて男性が足りなくなるため、男性向けの無料キャンペーンを実施しています。 下のリンクから【会員登録】⇒【年齢確認】 まで済ませるだけで、合計1000円分のポイントをタダでGETできるため、完全無料でセックスまで持ち込むことが可能になります。

登録は1分で完了

ポイントに有効期限はないため、キャンペーン実施しているこの機会に登録しておくべきでしょう。ASOBOを使って最高に充実したセックスライフを送れることを祈っています。


ごめんなさい。ASOBOの会員登録無料、すぐに使える1000円分のポイントキャンペーンは本日を持って終了してしまうみたいです。><

もし無料ポイントキャンペーンが終わってたら、下記のリンクからサイトが表示されないようになっています。ご了承ください。

※無料ポイント受け取りには年齢確認が必須になっています。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る