オナニーと男性ホルモンの関係|薄毛にもつながる悪玉因子の正体とは

オナニーと男性ホルモンの関係|薄毛にもつながる悪玉因子の正体とは

527 views

この記事を書いた人
愛の筆先
MIYABI 編集チーム
陰キャだった学生時代を経て、新卒でなぜか証券会社に就職。営業ノルマが厳しい中で、少しでもコミュ力を鍛えなきゃと思って始めたのがナンパ。それがドハマリして以来、出会いやセックスを追求するようになりました。国内の主要なナンパスポットや、アプリ、オンゲでの出会いを網羅。今は本職のディレクターとして、みなさんにガチで使える情報を提供をしていきます。
「オナニーすると男性ホルモンが分泌されてハゲる」

こんな噂、男性なら1度は耳にした経験があるのではないでしょうか?

ただの根も葉もない都市伝説なら良いのですが、薄毛に悩んでいる男性からしてみれば、やはり真実が知りたいですよね。

そこで今回は、オナニーと男性ホルモンの関係性について徹底解説していきたいと思います。

男性ホルモンがもたらす効果や、増やし方・減らし方などもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。




オナニーと関係が深い男性ホルモンとは

オナニー 男性ホルモン
オナニーと男性ホルモンには、深い関係があります。オナニーすることによってある男性ホルモンの分泌量が大きく変化し、様々な影響を身体に与えるのです。

そのある男性ホルモンとは「テストステロン」です。

テストステロンは、数ある男性ホルモンの中でメインとなる存在。男性の場合は約95%が金玉(睾丸)の中で、残る5%が副腎で生成されています。

主に骨や筋肉を作りあげる働きをするテストステロンは、オナニーによって減少します。しかしオナニーしなければ、1週間をピークにテストステロンの量が増加し、記憶力や意欲の向上などのメリットをもたらします。

つまりテストステロンは身体に良い男性ホルモンなのです。

では薄毛と男性ホルモンが無関係かといえば、そうではありません。薄毛の原因となっているのは、テストステロンとは別の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」です。


テストステロンが5αリダクターゼと結びつくと薄毛の原因に

ジヒドロテストステロンの主な役割は、胎児期における男性器の形成です。しかし思春期以降はニキビや前立腺肥大、そしてAGA(薄毛)の原因となり、「悪玉の男性ホルモン」とも呼ばれています。

そんなジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて生成されます。

しかしジヒドロテストステロン、略してDHT自体が、薄毛の原因となるわけではありません。

DHTが男性ホルモンを捕まえる受容体「男性ホルモンレセプター」と結合すると、抜け毛の原因である「TGF-β」が生まれます。このTGF-βが体内で増加することで、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増加するのです。

間接的には関係しているものの、テストステロンは男性にとってなくてはならない男性ホルモンです。つまり薄毛を抑制するためには、5αリダクターゼとジヒドロテストステロンの働きをいかに抑えるかが重要となります。


ジヒドロテストステロンの増加を減らす7つのポイント

オナニー 男性ホルモン
続いては脱毛因子を生み出すジヒドロテストステロンの増加を食い止める方法を、計7つご紹介します。

・食生活を改善する
・適度に運動して汗をかく
・喫煙や飲酒を控える
・良質な睡眠を取る
・ストレスを溜め込まない
・育毛サプリや育毛剤を使用する
・医薬品を服用する

男性ホルモンは目に見えないので、なかなか効果は実感しにくいかもしれません。しかし地道な努力は必ず身体に現れます。ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼを抑制して、AGAの脅威から解放されましょう。


食生活を改善する

ジヒドロテストステロンを抑制したいなら、まず食生活を改善しましょう。DHTを抑える栄養素を日頃から摂取することで、薄毛の防止につながります。

DHTとを抑制する栄養素と主な食べ物は以下の通りです。

・亜鉛:牡蠣・レバー・チーズなど
・ビタミンB6:マグロ・バナナ・ピーナッツなど
・イソフラボン:納豆や豆腐などの大豆類

特に亜鉛はおすすめ。髪を増やす効果もあるので、5αリダクターゼを抑えながら増毛ができます。亜鉛の吸収率を高めるビタミンB6といっしょに摂取しましょう。

また大豆類に含まれるイソフラボンにも、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

他にもみかんの皮に含まれる「d-リモネン」や、アロエに含まれる「アロイン」などが効果的。

食事で摂取できないようなら、サプリメントを服用するのもおすすめです。なお栄養バランスの偏った食事は抜け毛増加につながるので、脂質・塩分・糖質の摂りすぎには注意しましょう。


適度に運動して汗をかく

わずかな量ではありますが、ジヒドロテストステロンは汗や尿といっしょに身体の外へ排出されます。つまり適度な運動をして汗をかけば、健康的にDHTを抑制できるのです。

また適度な運動は、テストステロンの分泌も向上させます。DHTは男性ホルモンの分泌量が減った時に変換されやすくなるため、様々なメリットがあるテストステロンの分泌は、様あらゆる面で効果的です。

加えて適度な運動は血行を促進させ、頭皮環境を健康にする効果があります。1駅分歩く、エスカレーターではなく階段を使う。こういった軽い運動でも良いので、日頃から身体を動かすのを意識しましょう。


喫煙や飲酒を控える

薄々勘づいていたとは思いますが、喫煙や飲酒はNG。特に喫煙は体内のジヒドロテストステロンを増加させてしまう効果があります。

また飲酒も肝臓での分解の過程で、「アセトアルデヒド」という有害物質を発生させます。アセトアルデヒドは、DHTを増やす働きを持っています。

さらに言えば喫煙も飲酒も、分解の過程で大量の亜鉛が消費されます。せっかく亜鉛をたっぷり摂取しても、その後にタバコとお酒を含んだら全てが無意味に。食生活や睡眠の乱れにもつながるので、喫煙や飲酒は控えましょう。


良質な睡眠を取る

ジヒドロテストステロンの抑制には、睡眠の質も重要です。

良質な睡眠には、ホルモンバランスを整える効果があります。ホルモンバランスが崩れるとDHTの分泌量も増えてしまうので、寝る前にスマホを操作しないなどの対策を取りましょう。

寝る数時間前にぬるめのお湯に入浴すると、身体がリラックスします。マッサージなどを行うとさらに血行が良くなるので、ぜひお試しください。


ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込まないのも、大切なポイントです。

長時間のストレスは体内の活性酵素を増やし、その分解に亜鉛が消費されます。何度か述べた通り、亜鉛は5αリダクターゼの抑制効果ができる栄養素。つまりストレスを溜め込んだ結果、ジヒドロテストステロンの増加につながります。

ストレス発散の方法は人それぞれですが、運動や睡眠など、DHTの抑制に関係する行為につなげられると、さらなる効果が見込めます。くれぐれもストレス発散を言い訳に、喫煙や飲酒はしないようにしましょう。


育毛サプリや育毛剤を使用する

育毛サプリや育毛剤も、ジヒドロテストステロンの抑制に非常に効果的です。

まず育毛サプリには亜鉛やイソフラボンなど、ジヒドロテストステロンを抑制する栄養素がギュギュっと詰まっています。

また「ノコギリヤシ」というハーブの一種には、5αリダクターゼを抑制する効果があります。食事で得るのはなかなか難しいので、サプリで摂取できるのは非常に嬉しいですね。

栄養サプリの場合は、1度に何種類か飲まなければなりません。しかし必要な成分が全て詰まっている育毛サプリであれば、これ1つで十分すぎる効果が得られます。

また育毛剤にはDHTの抑制成分はもちろん、増毛に効果がある成分がたっぷりと含まれています。

育毛サプリと育毛剤を併用すれば、まさに鬼に金棒です。ドラッグストアやネット通販など、様々な場所で気軽に買えるので、ぜひお試しください。


医薬品を服用する

より確実かつ強い効果を求めるなら、医薬品の服用がおすすめです。

処方される医薬品は、主に以下の2種類です。

・プロペシア(有効成分:フィナステリド)
・ザガーロ(有効成分:デュタステリド)

この2つは薄毛の進行レベルや症状などに合わせて使い分けられます。

ネットでジェネリックも販売されていますが、初めて使用する方はやはり医師の診断を受けるのをおすすめします。副作用が起きる可能性も、ゼロではありません。

近年ではAGAの専門外来もかなり増えています。自力での治療に限界を感じたら、恥ずかしがらずに足を運んでみましょう。


男性の健康に欠かせない!テストステロンの効果・働きとは

オナニー 男性ホルモン
ここからはオナニーと関係の深い男性ホルモン「テストステロン」について、より詳しく解説していきましょう。

男性の身体になくてはならないテストステロンは、その分泌量を増やすことで、以下のようなメリットが得られます。

・筋肉がつきやすくなる
・体脂肪を減らす
・容姿が男らしくなる
・病気を予防する
・社会性や意欲の向上
・集中力や記憶力が良くなる

まずは肉体面。テストステロンが分泌されると筋肉がつきやすくなり、さらに体脂肪を減らす効果も期待できます。また容姿が男らしくなる効果もあり、「オナ禁するとモテる」という噂は、テストステロンの量がピークを迎える1週間程度のオナ禁であれば、実は真実なのです。

テストステロンには、病気を予防する作用もあります。オナニー自体にも免疫力をアップする働きがあるので、適度なオナニーは身体の健康を守ってくれるわけです。

加えてテストステロンは、精神面にも大きな影響を及ぼします。特に意欲の向上は様々な面で発揮され、会社の社長を務める男性にはテストステロンの値が高い人が多いのだとか。

また認知機能にも作用し、集中力や記憶力の向上にも役立ちます。「オナニーするとバカになる」という都市伝説はウソであることが、これで証明されましたね。


テストステロンを減少させる原因

上述したようなメリットは、テストステロンの値が高い場合にのみ得られます。

つまりテストステロンが減少した場合、メリットが全てデメリットに反転するのです。病気がちで不摂生な、仕事のできない男性。想像しただけでため息が出そうですね。

ではテストステロンが減少する原因には、どういったものがあるのでしょうか?

・加齢
・過度なストレス
・生活習慣の乱れ
・過度な飲酒や喫煙
・オナニーのし過ぎ/しなさ過ぎ

テストステロンの分泌量は、20代をピークに緩やかに減少していくと言われています。またストレスで急激に減るケースもあり、テストステロンの主な減少理由はこの2つと言えるでしょう。

他にも偏った食生活や運動不足、睡眠不足などの生活習慣の乱れ。過度な飲酒や喫煙も、テストステロンの減少要因として考えられています。

オナニーのし過ぎも、もちろんNG。オナニーすると、射精とともに体内のテストステロンが減少してしまうのです。かといってしなさ過ぎもダメで、1週間をピークにテストステロンの値が右肩下がりになります。


テストステロンを増加させるには

健康には欠かせないけど、様々な要因で確実に減っていくテストステロン。

ではそんなテストステロンを増加させるには、一体どうすれば良いのでしょう。これから先もずっと男らしく健康的でいた男性は、ぜひ以下の行動をお試しください。

・1週間程度のオナ禁
・筋トレや適度な運動
・ストレスを溜めない
・良質な睡眠
・仲間を作り社会との接点を持つ
・他者と競い合う
・栄養バランスの取れた食事

1週間程度のオナ禁は、テストステロンの分泌量を最適化してくれるのでおすすめ。あまり性欲がない方も、最低週1は射精を行いましょう。

適度な運動や良質な睡眠など、正しい生活習慣はやはり必要不可欠。また社会との接点を持つことはテストステロンの分泌量を増やす効果もあるので、特に中年以上の男性は意識しましょう。

加えてテストステロンは「勝利のホルモン」とも呼ばれ、他者と競い合うと分泌量が高まります。テレビゲームなどでの対戦でもオッケーなので、常に競争を心がけることが重要です。

しかしもっとも重要なのはやはり栄養バランスの取れた食事でしょう。食事はあらゆることの基礎。食生活に気をつけてさえいれば、自然とテストステロンは体内で増加してくれます。


テストステロンの分泌を増やすために取り入れたい栄養素6つ

オナニー 男性ホルモン
「テストステロンを増やすために食生活を改善したいけど、どんな栄養を摂取すればよいのか分からない」

そんな方のために、最後にテストステロンの分泌をうながす栄養素を6つご紹介します。

・亜鉛
・タンパク質
・ビタミン類
・マグネシウム
・硫化アリル
・ホウ素

どの栄養素も、実は皆さんが普段の食事から摂っているものばかりです。大切なのは、意識付け。どの食べ物にどんな栄養素が入っているのかを把握しながら食事をすることで、より効率的なテストステロンの分泌が行えます。

なおなかなか食生活に気が回らない方は、サプリでもオッケー。食事に気を遣うあまり、ストレスが溜まったり、睡眠時間が短くなっては、本末転倒ですからね。


亜鉛

ジヒドロテストステロンの抑制にも効果的な亜鉛は、実はテストステロンの分泌にも効果的。「生殖ミネラル」とも呼ばれ、精子数の増加なども見込めます

亜鉛が含まれている食品は、以下の通りです。

・牡蠣
・牛肉
・豚レバー
・アーモンド

普段の食事に取り入れやすい食品がそろっているので、意識的に摂取しましょう。

ビタミンB6やビタミンCなどといっしょに摂取すると、亜鉛の吸収率が高まります。反対にカルシウムやリン酸などは亜鉛の吸収を妨げるので、食べ合わせには注意が必要です。


タンパク質

タンパク質とは、21種類のアミノ酸が結合した物質です。ホルモン生成全般との関わりが深い栄養素で、コレステロールをテストステロンに変換する手助けをしてくれます。また筋肉増強効果も見込めます。

タンパク質を含む主な食品は、以下の通りです。

・納豆
・牛乳
・鳥ササミ肉
・卵

大豆などに含まれている植物性タンパク質よりも、肉や魚、乳製品などに含まれている動物性タンパク質の方が効果的。食材選びの時は、動物性タンパク質を意識しましょう。

また納豆やオクラなどに含まれるネバネバ成分「ムチン」は、タンパク質の吸収をサポートしてくれます。


ビタミン類

ビタミン類も、テストステロンの分泌を手助けしてくれる栄養素です。

特に重要なのは、ビタミンA・C・Eなどからなる「抗酸化ビタミン」。副腎から分泌されるテストステロンの材料物質は酸化に弱いため、これらのビタミンを摂取することで、酸化を防ぐことができます。

それぞれが含まれている主な食べ物は、以下の通りです。

・ビタミンA:ニンジン・ほうれん草・レバーなど
・ビタミンC:ピーマン・レモン・ブロッコリーなど
・ビタミンE:卵・アーモンド・アボカドなど

またキクラゲや鮭、イワシなどに含まれているビタミンDも、テストステロンの増加効果が期待できます。なおビタミンDは、日光浴でも生成できます。

上述した通り、ビタミンB6も亜鉛の吸収をサポートしてくれます。ビタミン類はテストステロンの増加に不可欠な栄養素なので、積極的に摂取しましょう。


マグネシウム
ミネラルの1種である「マグネシウム」も摂取するべき栄養素です。テストステロンの働きはマグネシウムと関係が深く、普段からマグネシウムを多く摂取しているほどテストステロンの値が高いという研究結果も出ています。

マグネシウムを含む主な食品は、以下の通りです。

・アーモンド
・ほうれん草
・納豆:
・ひじき

またマグネシウムには、体内の抗酸化物質の容量を大きくする効果もあります。テストステロンの材料が酸に弱いのは、上でも述べた通り。つまりマグネシウムは,
テストステロンの合成を円滑にサポートしてくれる栄養素なのです。


硫化アリル

硫化アリルは、ニンニクや玉ねぎなどの臭いの元になっている栄養素。玉ねぎを切ると目が痛くなる原因は、この硫化アリルが粘膜を刺激するためです。

テストステロンの分泌を促進するのはもちろん、血液をサラサラにしたり、免疫機能の向上やストレス軽減効果なども期待できます。ストレスはテストステロンの分泌を妨げるので、ストレスが溜まりやすい人は意識的に硫化アリルを摂取しましょう

硫化アリルが含まれている主な食品は、以下の通りです。

・玉ねぎ
・ニンニク
・ニラ
・らっきょう

どれも匂いが強いですが、効果は抜群。特に玉ねぎはどんな食材にも合う上、様々な健康効果が得られるので、毎日でも摂取したいですね。


ホウ素

あまり聞き慣れない名前ですが、ホウ素もテストステロンの分泌にひと役買ってくれる栄養素のひとつです。

性ホルモンの生成に関係しており、ホウ素を摂取するとテストステロン濃度が上がることが証明されています。

ホウ素を含む主な食品は、以下の通り。

・アーモンド
・くるみ
・レーズン
・アボカド

果物や野菜、ナッツ類などに多く含まれています。

メインの食事ではもちろん、間食やデザートとしても効率的に摂取できるでしょう。


オナニーによって男性ホルモンの分泌量は変化する!しかし薄毛の原因は別のホルモン

男性ホルモンの1種であるテストステロンの分泌量は、オナニーによって大きく変化します。オナニーするとテストステロンは減少し、精子を溜め込むことで、1週間をピークにテストステロンの値が上昇します。

しかしAGA(薄毛)の原因は、別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンです。テストステロンが5αリダクターゼと結合することで生成されますが、オナニーとはほとんど無関係と言えます。

この記事では、そんな薄毛の原因でもあるジヒドロテストステロンを抑制するポイントをご紹介しました。

・食生活を改善する
・適度に運動して汗をかく
・喫煙や飲酒を控える
・良質な睡眠を取る
・ストレスを溜め込まない
・育毛サプリや育毛剤を使用する
・医薬品を服用する

テストステロンは心身の健康になくてはならないホルモンです。テストステロンの分泌は、ジヒドロテストステロンの抑制にもつながります。

オナニーと男性ホルモンの関係性を正しく理解し、健やかな生活を送りましょう。

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
オナニーで寿命が縮むって本当?噂される自慰についての都市伝説を徹底リサーチ
オナニーするとリラックスできるのはなぜ?ホルモン分泌で非モテでも幸せになれる仕組みとは


セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る