避妊薬ピルは通販で買うことも可能!そのメリット・デメリットを検証

避妊薬ピルは通販で買うことも可能!そのメリット・デメリットを検証

235 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
女性にとって女性主体で避妊を行える手段である避妊薬、ピル。このピルを得るためには必ず病院に通い、高いお金を払わなければならないと思っている人が多いです。しかし実は、ピルは通販で買うことが出来るのです。避妊薬、ピルを通販で買うことのメリットとデメリットをまとめました。


避妊薬、ピルとは


避妊薬、ピルとは

まずピルとはいったいどのような物を指すのでしょうか。ピルというのは、いわゆる経口避妊薬のことを指し、避妊したい女性が毎日同じ時間に1錠飲み続けることで性交渉による妊娠を防ぐことが可能になります。ピルは女性主体の避妊が可能なため、女性が自分の身を守るために最適です。ピルを正しく使用することで、妊娠はほぼ100%の確率で回避することが可能です。なぜなら、ピルを服用することで排卵というプロセスをストップさせることが出来るからです。

ピルには、黄体ホルモンと、卵胞ホルモンというホルモンが含まれています。このホルモンを服用することで、身体がこの2つのホルモンが十分に存在していると感じるために、妊娠していると勘違いをするのです。そのため、排卵をすることがなくなります。

精子が膣内に入ってきても卵子がないために妊娠することはないということです。しかし、排卵はしないとは言え、妊娠のために赤ちゃんのベッドを作っていることは変わりませんので、1週間薬を飲まない期間を設けて、その間に生理のような経血が出てくる期間があります。


避妊薬、ピルの入手方法は


避妊薬、ピルの入手方法は

日本でピルを服用するためには、産婦人科にかかり、医師に処方してもらうということが通常の流れです。手軽に避妊が可能なため、人気の高い薬ではありますが、やはり女性ホルモンが含まれているために使い方には注意が必要です。そのため、専門家医にしっかりと飲み方、飲み忘れた際の飲み方などを教えてもらいましょう。当たり前ですが、通常の薬局には医者の処方箋がないとピルを処方してもらうことはできません。

また、ピルを服用することで血栓症になりやすくなる可能性があるので、高血圧の人や、一日15本以上の喫煙をするヘビースモーカーの人、さらに偏頭痛がひどい人などは服用することが出来ません。このような簡単な問診をクリアできれば基本的に処方してもらえます。病院での処方だと、ピル1シート(1か月)につき2000円ほどかかります。さらに診療代が加算されます。


避妊薬、ピルは通販でも入手できる?


病院で入手するのが正規の方法ではありますが、忙しくて病院に行く暇がない、治療費が高くついてしまったり、(毎月検査が必要なため)一度に大量に購入できないことから、手がかかったり、面倒だと思う人もいると思います。そんな人向けに、通販でピルを購入する方法があります。

日本国内では医者の処方箋がないとピルは手に入れられないので、海外の薬を個人輸入して手に入れることになります。実際に、ピルは大抵世界共通のものが多いため、言語だけが海外の物で、ほぼ成分は同じというものを手に入れることが出来ます。


避妊薬、ピルを通販で購入するメリット①安価・大量に購入できる


ピルを海外輸入の通販で購入した際の一番のメリットというのは、やはり安価に購入できるということではないでしょうか。最近では個人輸入代行のサイトも増え、手軽にピルを入手することが可能になりました。送料もある程度まとめて購入すれば無料になるので、大手の通販サイトで購入すると本当に安価に薬を手に入れることが出来ます。

また、通常は1か月毎に購入しに行かなければいけないのですが、通販にすることで3か月分~等と長期の分まで購入することが可能です。購入するのを忘れていたということがないために、安心して服用することが可能です。


避妊薬、ピルを通販で購入するメリット②誰にも知られることなく購入できる


やはり通販で購入するということは、誰にも知られずに購入できるというのも大きなメリットです。特に未成年の女性や、若い女性などが産婦人科などに行くと、妊娠したのか等とあらぬ噂を立てられたり、周りが子連れだったりして少し気恥ずかしさなども感じてしまい、足が遠のいてしまうこともあります。

しかし、通販で購入することで、匿名性も保たれ、さらに送られてくるときの品名も、配慮して送ってきてもらえることが多いです。やはり秘密にできるというのは大きなメリットでしょう。


避妊薬、ピルを通販で購入するメリット③アフターピルも購入できる


アフターピルをいつでも手元においておけるのもメリットの一つです。ピルというのは通常、毎日飲むピルのことを指しますが、もしも飲み忘れてしまっていたことに後から気づいてしまった場合など、避妊が成功していなかったかもしれないと思った場合に、すぐアフターピルを飲むことで、避妊することが可能です。

通常はそうなってしまった場合、すぐ病院にかかり、アフターピルを処方してもらわなければいけないのですが、通販だとそういう事態が発生した場合にすぐ飲むことが可能です。もしもの失敗やトラブルがあった際にも確実でスピーディーな避妊をすることが可能になります。


避妊薬、ピルを通販で購入するデメリット①トラブルに対処できない可能性


やはり通販で購入するデメリットというのは、通販で安価に売られているものは海外製のものが多く、日本製と比べて精密性が低いために、まれにトラブルが起きてしまう可能性があります。しかし、そんな場合も病院にかかっていないために自己責任で対処しなければなりません。

すでにピルを飲んでいて、自分の体質に合ったピルを知っており、そのピルが通販にあるのであればよいのですが、ピルを初めて飲む人など、慣れていない人にはお勧めできないといえるでしょう。


避妊薬、ピルを通販で購入するデメリット②手元にいつ届くか不安が残る


ピルを通販で購入する際のデメリットは、すぐに手元に届くわけではないということです。やはり個人輸入の薬は海外からの輸入になるため、購入してから1週間から2週間程度かかってしまう可能性もあります。日本のように運送機関が発達していないため、無くされてしまうということもあります。

手元に薬がなくなってから、休薬期間である1週間の間に薬が手元まで届かない可能性があるということです。そうなってしまうと一か月避妊効果のない時間を過ごさなければなりません。ピルを通販で購入するというのはこのようなデメリットもあるのです。


避妊薬、ピルを通販で購入するデメリット③ジャンク品などをが溢れている


やはり、通販でピルを入手する際の大きなデメリットというのは、通販サイトに悪徳業者が紛れているということでしょう。最近ではたくさんの業者が参加していますが、中にはお金儲けのために質の悪いジャンク品を売っている業者も存在します。

そんな品をつかまないためにも、しっかりと情報収集して自分の責任でピルを買わなければなりません。もしも騙されやすかったり、自分で見極める自信がないのであれば、通販で買うのはお勧めできません。

いかがでしたか?通販で避妊薬、ピルを買う際のメリット、デメリットをまとめました。しっかりと自分の中で判断して使用するようにしてくださいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
ピルを常用するとどれくらいお金がかかる?価格や診察代のこと
低用量ピル服用中の飲酒はOK?ピルとお酒の関係性

女性が潮吹きするほど大きなチンコを手に入れる方法とは

膣の奥までガン突きして女性を失神させたい。
・女性を挿入だけで潮吹きさせたい。

男性なら誰しもが思うことだと思います。
そんな夢のようなデカチンを僕は毎日たった3分間あることをするだけで手に入れました。

こういう話をすると
元々、デカチンだったんでしょ?
と思われるかもしれません。

しかし、僕は3ヶ月前まで勃起時に10cmの超短小チンコでした。

そんな僕が現在のような20cmのデカチンを手に入れた方法を今回は特別にお教え致します。

ここだと載せられない話も含まれますので詳しくは下のリンクをクリックしてください。
※リンクへ飛べない場合は公開終了となります。ご了承ください。


\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る