誰でもできるセルフSMの楽しみ方まとめ|自らできる調教・拷問プレイ

誰でもできるセルフSMの楽しみ方まとめ|自らできる調教・拷問プレイ

66,815 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
「もっと気持ちいいオナニーがしたい!」という方にピッタリなのが、自ら自分のカラダを拷問・調教するセルフSM。ひとりで陵辱感がバッチリ楽しめるとあって、トリコになっているオナニストも意外と少なくありません。中には、セルフで拘束している画像をSNSで公開している方まで……。そこで今回は、このセルフSMをピックアップして、ひとりでできる調教・拷問プレイの方法をまとめてご紹介します。


一人でS願望とM願望を同時に楽しめるセルフSMの魅力とは





セルフSM(SMオナニー)とは、自分で自分のカラダを責めて楽しむ行為のこと。自分のカラダを縛って拘束したり、浣腸を注入して陵辱感を味わってみたり……ひとりエッチの変形版として、夜な夜な堪能しているオナニストも増えています。


SとMの快感が同時に得られる!



セルフSMの最大の魅力は、何といっても「S願望」と「M願望」を同時に楽しめるところ。自分のカラダを調教する行為は、Sっ気がある方なら精神的にゾクゾクきます。一方で、カラダは痛みや苦しさは感じますので、Mな気持ちが一段と盛り上がります。

個人差はありますが、誰でもSとMの両方の願望を持っているもの。パートナーとのSMプレイでは、どうしてもS役・M役に分かれてしまうため、「本当はこっちも責めたい」「たまには責められたいな……」と物足りなさを感じてしまう方も多いでしょう。

その点で言えば、セルフSMなら一人で二役をこなしますので、両方の快感を得ることができます。また、パートナー要らずなので、好きなだけフェティッシュに楽しめるところもポイントですね。

とは言っても、セルフSMもSMプレイのひとつですので、見よう見まねでやってみると大ケガをしてしまうことも……。そこで、ここからは初心者でも始められるセルフSMのやり方を紹介していきます。


誰でもできるセルフSM①「自縛」(自分のカラダを縛ってみる)



セルフSMの定番なのが、自分で自分のカラダを縛る「自縛」(じばく)プレイ。自縄自縛やセルフボンテ―ジとも呼ばれます。自分のカラダをキツく拘束することで、拷問している(されている)気分を楽しめる方法です。


【事前準備】用意する物はロープやガムテ、包帯……

緊縛を経験したことがない方には、「本格的な縄が要るのかな……」と思いがちですが、そんなことはありません(あればあったで便利ですが)。日常品やアダルトグッズの中にも、自分を縛るのに使えるものはいくつかあります。



例えば、ガムテープもそのひとつ。巻くだけでお手軽に緊縛感が楽しめるスグレモノですが、市販の粘着力が強いテープを使うと後処理が大変……。現在では緊縛用の安全テープも販売されていますので、それを試してみるのも良いですね。



「ラブファクターボンテージテープ 黒 簡単拘束 非粘着SMテープ 20m仕様」の詳細はこちらから



また、見た目にもこだわりたい方には、包帯を使って拘束するのも効果的。上手に巻くと被虐感が一段と増しますので、姿見(全身鏡)を見ながら縛るのがオススメです。

「アメジスト ながーい伸縮包帯 L 9cm×9m」の詳細はこちらから

次のページ
【プレイ方法】身体を縛ったり、手足を拘束したり……
  • 1
  • /
  • 4
1/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る